原道 N70双撃 のFW更新後、スコアと変化について

前回、 原道 N70双撃 のカスタムファームを導入しました。

新しい設定メニューや初期アプリについて、ベンチマークの結果を記録しておきます。

原道 N70双撃 のFW更新後について

はじめに初期アプリ一覧を見てみると、シンプルな構成になっています。

PlayストアやSuperSU、ESファイルエクスプローラーといった主要なアプリも揃っています。

また、ホームアプリ「Nova Luncher」もインストールされていました。

N70-20121031-device-2012-11-23-014121

設定メニューでは「Ethernet」という項目が追加されていました。

有線LANに使われるアイコンから察するに

別途購入した有線LANアダプタを挿せば使えるようになるのかも知れません。

N70-20121031-device-2012-11-23-013206

ベンチマーク アプリ「Antutu」で計測したところ

スコアは「7781」と、ともて良い結果になりました。

N70-20121031-device-2012-11-23-015326

既に1万円以下になっている 原道 N70双撃 ですが

そのスペックは主力にもなりうる性能だと思っています。

Nexus 7 が登場していなかったら 原道 N70双撃 を使用していたと思います。

今後は家族が利用することになりますが、動画視聴やブラウジング、音楽再生にメールといった

基本的な作業は、そつなくこなすタブレットです。

これから当分の間、現役で活躍してくれると思います。

原道 N70双撃 の価格

2012/11/23時点の価格とレビュー数です。

原道 N70双撃 : 送料込み 9,950円 (レビュー12件

前回の 原道 N70双撃

原道 N70双撃 の カスタムファーム(10/31版)を更新してみた

よく一緒に閲覧される記事

ドンキ、32780円の指紋/Win10Pro/14型MUGAストイックPC4」発売・スペックの違い

ドン・キホーテは5月12日、オリジナルブランド「情熱価格」より「MUG

FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRO

ドンキが7型UMPC「NANOTE P8」発売、スペックの違いと価格

ドン・キホーテは4月20日、オリジナルブランド「情熱価格」より7型ノー

→もっと見る

PAGE TOP ↑