僅か5インチのデュアルOSな小型PC『GOLE1』登場、価格は79ドル~スペック

 僅か5インチという画面サイズながらIntel Atom Z8300プロセッサを搭載し、Windows 10とAndroid5.1のデュアルOS構成に豊富なインターフェイスを備えたオモシロ小型PC『GOLE1』がINDIEGOGOでキャンペーンを開始しました。

 価格は早期出資者向けに79ドル~、2016年6月より出荷を開始する予定とのこと。

GOLE1-1

5インチ小型PC『GOLE1』の価格とスペック

 『GOLE1』はIntelプロセッサを搭載した最小のオールインワンPCとしてアナウンスされています。プロセッサにはIntel Cherrytrail Z8300プロセッサ、OSはWindows 10 Home(マルチ言語版)をプリインストールしています。

GOLE1-6

 『GOLE1』のディスプレイは5点マルチタッチ対応で、前面には音量/戻るキー/電源ボタンといった物理キーとスピーカーが設けられています。

 また、タブレットのようにバッテリーを内蔵しており容量は2,600mAh、2時間駆動するとのこと。

主な仕様・スペック

GOLE1-2

 

デュアルOS採用

 『GOLE1』はデュアルOS構成で、標準のWindows 10 Homeに加えてAndroid 5.1がインストールされています。Windows側にある”Switch to Android”アイコンをタップすることでAndroidへ切り替えることが可能。

GOLE1-3

 Android OSはGooglej Playストアに対応しているとしています。

インターフェイス

 オールインワン小型PCなのでタブレットと比べて拡張性に優れています。

GOLE1-4

 フルサイズUSBx4基、MicroUSB、フルサイズHDMI、有線WAN、MicroSDカードスロット、電源ポート、ヘッドセットが確認できます。ヘッドセットの横にある棒はWi-Fiアンテナということです。

オプションあり

GOLE1-5

 『GOLE1』とマグネットで接続するHDD増設用の金属ケースがオプションで用意されています。2.5インチHDDまたはSSD(最大2TB)をサポート。

価格・発売日

 『GOLE1』は「RAM2GB/ROM32GB」モデルの定価129ドルですが、早期出資者向けに50ドルOFFとなる79ドルで出資を募っています。その次は「RAM4GB/ROM64GB」モデルを80ドルOFFの99ドルで開始といった具合で展開されます。

 発売日については2016年6月より中国深センから発送されるとあり、DHLにて4~12日かけて世界中の出資者へ配送される予定となっています。

追記(2016/05/24)

 『GOLE1』の紹介動画が公開されていましたので追記します。

 →5型デュアルOS搭載ミニPC『GOLE1』の紹介動画

 Source:INDIEGOGO

よく一緒に閲覧される記事

ドンキが9980円の電子書籍タブレット『読みまくリーダー』(YMR8-DS)発表、スペック・発売日

ドン・キホーテは9月25日、プライベートブランド「情熱価格」より電

OneMix 3Sで日本語入力、追加ソフトなしでキーボード設定を変更

OneMix 3Sに限らず海外製ノートパソコンは日本語入力を想定し

小型ノートPC『OneMix 3S Platinum』でPCゲームは遊べるか、熱問題・ファン音など

ONE-NETBOOKが小さな筐体に筆圧感知やRAM16GBなどを

→もっと見る

PAGE TOP ↑