LenovoとHP製PCのBIOSに脆弱性、外部からコード実行可能に

公開日: : Lenovo , ,

 Lenovoは6月30日、セキュリティ研究家から指摘されていた同社製PCに搭載されたBIOSにおけるシステムマネジメントモード(MMS)のコードから脆弱性が存在することを発表しました。同問題はHP製PCでも発見されたことが報告されています。

Lenovo-news-201607-05

Lenovo製PCのBIOSに脆弱性

 脆弱性が伝えられているシステムマネジメントモードはx86 CPU搭載PCのBIOSにおけるrootアカウントともいえる最高アクセス権をもつ実行コードで、この脆弱性をつけばセキュリティブートやセキュリティを回避してローカルの管理者権限によるリモートコードが実行できる可能性があるとしています。

 今回Dmytro Oleksiuk氏の指摘により脆弱性が見つかりました。同氏は固有ID(GUID)「7C79AC8C-5E6C-4E3D-BA6F-C260EE7C172E」を持つBIOSが搭載された全PCが影響を受けるとしています。そして、Lenovoだけでなく特定BIOSを持つ「HP Pavilion」シリーズの一部製品でも脆弱性が発見されているようです。

 Lenovoは独立系 BIOS ベンダー (IBV)大手3社からコードを受け取っており、そのうち1社が開発したBIOSで脆弱性が発見されたようです。このBIOSコードはインテルが書いた初期サンプル(共通コード)からコピーされたようで、Lenovoは現在IBVとインテルとで協力しながら脆弱性に対応するプログラムを開発していると発表しました。

 Lenovoといえば2015年に”Superfish製ドアウェア”によるセキュリティ問題が話題となっています。

Source:Lenovo

よく一緒に閲覧される記事

RAM12GB搭載スマホ『Lenovo Z5 Pro GT』がAntutu過去最高のスコア更新

ベンチマークサイトAntutuが今月発売される世界初RAM12GB、世

Lenovo Z5s発表、約2.3万円でRAM6GB/128GB搭載スマホのスペック・価格

Lenovoは12月18日、背面トリプルカメラや水滴ノッチ、RAM6G

世界初RAM12GBでNo1ベゼルレス、世界初Snapdragon 855搭載スマホ『Lenovo Z5 Pro GT』発表–スペック・価格

中国Lenovoは現地時間12月18日、スマートフォンでは世界初となる

→もっと見る

PAGE TOP ↑