au「4年縛り」撤廃へ、ソフトバンクも見直しへ

公開日: : モバイル通信 , ,

KDDI(au)が4年間の分割払いを条件にスマートフォンを割引する「4年縛り」について撤廃を検討、ソフトバンクも同様に見直しを検討していると日本経済新聞や読売新聞が報じました。

smartphone-news-20180624.1

au「4年縛り」撤廃へ、ソフトバンクも見直しへ

KDDIは2017年7月より「4年縛り」プランを導入、スマホ代を4年間の分割で支払い、2年後に買い替えれば2年分の残金を免除する仕組みとなっており、実質半額でスマートフォンを購入できるメリットを謳っています。

その一方で4年間同じプランを再加入するほか、買い替え時にスマートフォンを下取りに出すといった条件を満たす必要があります。これと同じようなプランがソフトバンクより「半額サポート」として9月より提供されています。ドコモにはありません。

2社が提供する「4年縛り」のプランは次のようになっています。

これらのプランについて公正取引委員会が2018年6月に公開した報告書で消費者の選択権を事実上奪うほか、独占禁止法上の問題となる恐れがあると指摘していました。

KDDIは「4年縛り」の条件である「再加入」について撤廃を検討、ソフトバンクも検討するとしています。

公取委は携帯3社が提供している「2年縛り」についても問題視しており、同年6月に違約金や追加料金を支払わず解約できるよう求め、3社は「2年縛り」の見直す考えを示したと報じています。

前回の話
スマホ4年縛りは独占禁止法か、見直し迫る可能性

Source:日本経済新聞読売新聞

よく一緒に閲覧される記事

ソフトバンクが中古iPhoneを販売へ、SoftBank Certified発表

ソフトバンクは1月14日、ソフトバンクが認定した高品質リユーススマー

2機種が価格改定:Rakuten Handなど大幅値下げ、最大25000円OFFに

楽天モバイルは1月14日、オリジナルのスマートフォン「Rakuten

LINMOの新規契約で最大6000円相当プレゼント、6日間限定「FEVER TIME」開催中

ソフトバンクは1月14日、モバイル通信サービス「LINEMO」におい

→もっと見る

PAGE TOP ↑