2019年は折り畳みディスプレイ元年か、SamsungがパネルをOPPOやXiaomiに供給へ

韓国ETNEWSは現地時間8月30日、Samsungが折り畳みディスプレイ搭載スマートフォン市場を育てるためにSamsung Displayが作成したフォルダブルパネルを中国メーカーに供給すると報じました。

Samsung-foldable-smartphone-640x384

2019年は折り畳みディスプレイ元年か

ETNEWSは複数の業界関係者から得た話として、Samsungがフォルダブルパネルを中国のOPPOとXiaomiにサンプルを供給、各社は折り畳みディスプレイ搭載スマートフォンの発売に取り組んでいると伝えています。

フォルダブルパネルはOLEDで実装可能としており、製造ラインA2とA3を活用するそうです。Samsungは以前より自社スマートフォンへの搭載を目指して開発していたそうですが、ここにきてフォルダブルスマートフォンの需要拡大を目指し、多数のプレイヤーを引き入れることにしたとのこと。

市場調査会社によるとフォルダブルパネルの需要は2019年に100万台に達すると予想、最初の年はSamsungを中心に市場が形成されると分析しています。

プレイヤーはSamsung、Huawei、Xiaomi、OPPOが参入し、2020年には500万台に達すると予測しています。

これまでの情報では2019年2月に開催されるMWC2019でSamsungが初の折り畳み式スマートフォン「Galaxy X」を披露すると伝えられています。

前回の話
Xiaomi / OPPO が折り畳みスマートフォンに参戦、2019年リリースへ

これまでの話
Motorola、熱で曲がる折り畳みスマートフォン特許を取得
7.3インチ+4.5インチの折り畳みスマートフォン「Galaxy X」は2019年発売へ
Samsung、折り畳みOLEDディスプレイの大量生産を今夏より開始か
LGが折り畳みスクリーンのスマートフォン特許出願、画像
Huawei、世界初OLED折り畳みディスプレイ搭載スマホを11月に発表か

リンク:ETNEWS

よく一緒に閲覧される記事

カメラ見えない狭額縁ノートパソコンの時代へ、Samsung Display発表

指紋センサーに続きフロントカメラを内蔵したスマートフォンが2020年9

『Galaxy Z Flip』の分解レポート、畳めるガラスの場所が判明

昨日ハンズオン動画で折り畳めるガラスディスプレイが爪でもキズをつけ

Galaxy Z Flipの畳めるガラスに問題か、爪でキズ

KDDIが2月18日より予約注文の受付を開始しているSamsung

→もっと見る

PAGE TOP ↑