日本初のディスプレイ指紋センサー搭載、UQ mobileが6.4型『OPPO R17 Neo』独占販売を発表・スペック・価格

公開日: : OPPO , ,

UQコミュニケーションズは10月30日、「UQ mobile」新商品説明会において日本初となるディスプレイ指紋センサーを搭載した大容量ストレージ128GB+RAM4GBの水滴ノッチ6.4型Androidスマートフォン「OPPO R17 Neo」を独占販売すると発表しました。

OPPO-R17-Neo

『OPPO R17 Neo』のスペック・価格

指先でディスプレイに触れると素早く指紋を認識、画面ロックを解除できるという2018年10月時点で日本初(OPPO社調べ)を謳うディスプレイ指紋認証機能を搭載したスマートフォンが発売されます。

OPPOは11月に世界2位になってしまいましたが画面占有率の高いOPPO Find Xで世界を驚かせたBBKグループの1つで、日本ではOPPO JAPANとして展開しています。

今回の『OPPO R17 Neo』はOPPOとしても初となるUQ独占販売モデルになるとのこと。

スペック、主な仕様

『OPPO R17 Neo』は6.4インチFHD+(2340x1080)解像度の有機EL(AMOLED)を搭載、画面占有率は91%と高くなっています。

そのディスプレイ上部には海外で評価の高い水滴ノッチがあり、そこには2500万画素のシングルカメラを搭載しています。A.Iビューティーカメラとも呼んでおり顔の296か所を正確に認識して800万の美顔データから自然な美しさを引き出すとしています。

背面は見る角度で色が変化する3Dグラデーションカラー(これも海外では定期的に少し触れて良いねというフレーズが入る)加工が施されています。そしてカメラは200万画素+1600万画素のデュアルカメラにLEDフラッシュを搭載。

この背面カメラもA.I.デュアルアウトカメラと呼び、風景、食べ物、ペットなどの被写体やシチュエーション(16種類のシーンを画面にマーク表示)を自動で認識して理想的な写真を簡単に撮影できるよう支援するほか、A.I.ポートレートモード機能により自然なぼかし効果が得られるということです。

CPUにはQualcomm Snapdragon 660プロセッサ(1.95GHz/4コア+1.8GHz/4コア)、RAM4GB、ストレージは128GBと大容量を標準で搭載、さらに外部メモリとしてmicroSDカード最大256GBまで対応しています。

本体サイズは約158.3×75.5×7.4mm、重量は約156gで内蔵バッテリーの容量は3,600mAhとなっています。

価格・発売日

OPPO-R17-Neo.price

『OPPO R17 Neo』の端末価格は38988円、24回払いで1620円(初月1728円)ですが、マンスリー割で540円引きとなり実質負担額は月1080円x24回となっています。

そこへ料金プラン「おしゃべりプラン」の最安となる「プランS」2138円を加えるとUQ mobile新規契約時で月額3218円~で利用可能となります。

※SIMパッケージ料金などがかかります。

発売日は11月下旬以降より順次、UQ mobileオンラインショップなどで販売を開始するとしています。

リンク:UQ mobile

よく一緒に閲覧される記事

OPPOがポケモンと提携、SuperVOOC対応モバイルバッテリー発表

OPPOが自社の急速充電SuperVOOC対応のモバイルバッテリーを発

日本初のディスプレイ指紋センサー搭載、UQ mobileが6.4型『OPPO R17 Neo』独占販売を発表・スペック・価格

UQコミュニケーションズは10月30日、「UQ mobile」新商品説

OPPO Japan、No1ベゼルレス『OPPO Find X』発表–価格・発売日・店舗

OPPO Japanは10月19日、スライドカメラを採用することで20

→もっと見る

PAGE TOP ↑