オッポジャパン、29,880円でDSDVトリプルスロット6.2型『OPPO AX7』発表–発売日・スペック・対応周波数

公開日: : OPPO

オッポジャパンは11月26日、日本向けミドルレンジ仕様スマートフォンとして29880円+税という低価格ながら水滴ノッチを採用した6.2インチ『OPPO AX7』を発表しました。

OPPO-AX7

OPPO AX7の価格・発売日・スペック

OPPO AX7の主な特徴として「大画面」「高機能カメラ」「大容量バッテリー」の3点が挙げられています。

OPPOが同じ日に発表したOPPO R17 Proよりも低価格なミドルレンジ『OPPO AX7』は水滴ノッチを採用した6.2インチ、解像度は1520x720ドット、画面占有率は88.4%でディスプレイはGorilla Glassで保護されています。

カメラを見ると前面に1600万画素と自撮りにつかえるスペック、さらにメイクアップアーティスト監修で開発されたというA.I.ビューティーモードに対応、これはP17 Proと同じですね。

背面には1300万画素と200万画素のデュアルカメラ、こちらはA.I.ポートレートモードにより”ぼかし”をつけることができるとしています。

スペック、主な仕様

『OPPO AX7』はCPUにQualcomm Snapdragon 450、RAM4GB、ストレージ64GB、外部メモリとしてmicroSDカード最大256GBまでサポート。

バッテリーは4230mAhと大容量、駆動時間は明記されていませんが”気にせず一日中使える4230mAh バッテリー”と記載しています。

本体サイズは75.4x155.9x 8.1mm、重さ約168gとなっています。

SIMスロットはMicroSDカードと別になっているトリプルスロットを採用、これは嬉しいですね。

対応周波数は次のようになっています。

GSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
FDD-LTE: Bands 1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28
TD-LTE: Bands 38/39/40/41

Wi-Fi 802.11 a/b/g/n、SIMカードはNanoSIMx2基、NFC非対応。

価格・カラーバリエーション・取り扱い店舗

『OPPO AX7』のカラーバリエーションはゴールドとブルーの2色展開、取扱店舗はAmazonなどのオンラインショップやMVNOサービスで順次発売されるということです。

発売日は12月中旬ごろ、市場想定価格は29,880円+税。

OPPO R17 Proと同じくアマゾンで予約ページが用意されていました。

Source:OPPO AX7(Amazon.co.jp)

同時発表のOPPO R17 Pro
オッポジャパン、画面指紋6.4型『OPPO R17 Pro』発表–スペック・価格・発売日

よく一緒に閲覧される記事

OPPOがMWC2019で折り畳みディスプレイ搭載スマートフォン発表へ

日本でもオッポジャパンとしてスマートフォンを展開している世界最高の画面

オッポジャパン、29,880円でDSDVトリプルスロット6.2型『OPPO AX7』発表–発売日・スペック・対応周波数

オッポジャパンは11月26日、日本向けミドルレンジ仕様スマートフォンと

オッポジャパン、画面指紋6.4型『OPPO R17 Pro』発表–スペック・価格・発売日

オッポジャパンは11月26日、OPPO Rシリーズの最新モデルとしてデ

→もっと見る

PAGE TOP ↑