次期iPhoneはモバイルバッテリー機能を搭載か、すりガラス筐体やLightningコネクタなど

公開日: : Apple

Appleが2019年にリリースする次期iPhoneシリーズについて、3モデルの画面サイズや新機能、アップグレード内容などの調査結果が伝えられています。

iPhone-XI-2019-CompareRaja-1-1024x576

次期iPhoneはモバイルバッテリー機能を搭載か

Apple情報でお馴染みのアナリストMing-Chi Kuo氏が公開したレポートによると、次期iPhoneシリーズは6.1インチのLCDモデルと6.5インチと5.8インチのOLEDモデルで展開されるようです。

変更点についてはiPhone XR後継モデルがRAM4GBへアップグレードされ、5.8インチOLEDモデルはDSDSをサポート、一部モデルはトリプルカメラを搭載するとしています。

全モデルが「すりガラス」筐体となり、バッテリー容量の大型化が行われ、他のデバイスをワイヤレス充電できるモバイルバッテリー機能を備えるほか、インターフェイスはUSB-Cが見送られ、3モデルともLightningコネクタを継続、ノッチサイズも同じになると伝えています。

他にも室内の測位、ナビゲーションの新技術ウルトラワイドバンド(UWB)が含まれるとのこと。

先日は台湾メディアDigiTimesがAppleのトリプルカメラで受注を獲得に向けて業績が悪化しているサプライヤーが生産能力を拡大していると報じられました。

その前にはUSB-C見送りの話も伝えられており、今回のKuo氏が伝える内容と一致するところもあります。

Source:MacRumors (最新のiPhone記事へ)

よく一緒に閲覧される記事

iPad miniに続き、iPhone 2019もApple Pencil採用の可能性

これまで後継モデルが登場するのかも怪しいと言われていたiPad m

次期Apple Watchはジャパンディスプレイ製OLEDを採用か

Apple関連の情報で有名なアナリストMing-Chi Kuo氏が

次期Apple Watchか、新たにチタンとセラミックの筐体を追加へ

Appleの次期スマートウォッチ『Apple Watch』について

→もっと見る

PAGE TOP ↑