Amazonプライムが値上げ、年間3900円から4900円に

公開日: : ニュース

アマゾンジャパンが有料の会員サービス「Amazonプライム」の利用料金について年額で税込み4900円に値上げした。

amazon-news-20190412

Amazonプライムが値上げ

日本での有料会員サービス「Amazonプライム」の利用料金は月額400円、年額3900円だったが、新たに月額500円/年額4900円(月換算408円)に値下げされた。(いずれも税込み価格)

同サービスに加入すると「当日お急ぎ便、お急ぎ便、Prime Video、Prime Music、Prime Reading、Amazon Photos」といった特典を受けることができる。

学生向けに価格を抑えた会員「Prime Student」も月額200円から250円に、年額1900円から2450円にまで値上げされた。

これまで米国のPrime料金である119ドル(約1.3万円)よりも安く提供されてきたが、日本でも価格が値上げされたことから今後の値上げを心配する声がTwitterなどで見られた。

アマゾンジャパンはプライム特典としてのお急ぎ便配送をヤマト運輸からデリバリープロバイダを採用するようになり、利用者が希望する指定日時に届かないというトラブルが報告されていた。

今回の値上げでヤマト運輸に戻る、または配送遅延をデリバリープロバイダの責任にせず管理する費用に充てるのか注目される。

管理人は2019年に入って3回ほど指定時間や指定日に届かなかったプライム対象アイテムがある。まとめ買いをして配送回数を減らす対策をしているが気軽に購入できるよう、値上げ後の対応に期待したい。

Amazonプライム会員については「30日間の無料体験」ページから確認できる。

よく一緒に閲覧される記事

セイコーマート、スマホ決済「OrigamiPay」導入/各店で1回ずつ半額キャンペーン

Origami社は4月18日、コンビニエンスストアチェーン「セイコーマ

PayPayがイオンで20%還元開始、5000円の買物で1000円相当が戻ってくるキャンペーン実施中

PayPayは4月16日、関東圏32店舗のイオンでスマホ決済サービス「

JDIが台湾・中国連合の傘下へ、出資に合意

経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)は4月12日、台湾と中国の企

→もっと見る

PAGE TOP ↑