Fire HD 10タブレットでGoogleマップやNova Launcher、ベンチマークアプリGeekbenchを使う、スコアなど購入レビュー

公開日: : 最終更新日:2019/05/05 Amazon Kindle , ,

前回でGoogle Playのインストールが完了した。ここからはAmazonアプリストアではなくGoogle Playから『Fire HD 10タブレット』にAndroidアプリをインストールしていく。

YouTubeアプリやGoogleマップ、Fire OSの表示を変えられるNova Launcherといったアプリのほか、ベンチマークアプリ”Geekbench”を導入してスコアを記録する。

Fire-HD-10-Tablet-Reivew_5749

Fire HD 10タブレットにGoogle PlayからAndroidアプリをインストール

ここからはGoogle Playインストール済みであることを前提に話を進める。

Screenshot_2019-04-24-09-48-20

「Playストア」アプリを開いて次のアプリをインストールした。

Fire-HD-10-Tablet-Reivew_2019-04-24-09-51-56

まずはパソコンで使用しているChromeとFireFoxをインストールしてブラウザを同期する。前回のGoogle Playインストール時にGoogleアカウントを設定済みなのでログイン作業もアカウントを選択するだけだった。

Fire-HD-10-Tablet-Reivew_2019-04-24-09-52-11

次にYouTubeをインストールした。Googleドライブもかかせない。

ホームアプリ・ランチャーを導入する

Fire-HD-10-Tablet-Reivew_2019-04-24-09-53-38

過去に何度かレビュー記事に登場したNova Launcherをインストール、設定画面も問題なく開くことができた。Fire OS標準のホーム画面からNova Launcherに切り替えてみよう。

Fire-HD-10-Tablet-Reivew_2019-04-24-16-37-10

上図左がFire OS標準のホーム画面でAmazonサービスをシームレスに使えるよう工夫されている。

上図右がNova Launcherだ。Androidスマートフォンなどで馴染みあるGoogle Homeに近い画面で、Google検索フォームも配置されている。

Googleマップをインストール

Fire-HD-10-Tablet-Reivew_2019-04-24-16-05-50

Googleマップも問題なく動作した。Googleアカウントで紐づいているので履歴などもパソコンから引き継いで使うことができる。

上図右は衛星写真に切り替えた画面で、2本指で下へスワイプすると立体表示に切り替えることもできた。GPS非搭載ながらWi-Fiを使った位置情報が正確だったので現在位置の表示も行えた。

地図アプリが使えるだけで一気にAndroidタブレットらしくなったように思う。

ベンチマークアプリ”Geekbench”を試す

Fire-HD-10-Tablet-Reivew_2019-04-24-17-46-50

Geekbenchもインストールできたので端末情報をチェック、ベースOSのAndroidは5.1.1だった。他の中国メーカー製やデュアルOS搭載デバイスもカスタムROMのベースはAndroid 5をインストールしていたが安定しているのだろうか。

CPUはMediaTek MT8173チップ(1.4GHzデュアルコア+1.81GHzデュアルコアのクアッドコア)、RAMは2GBとなっている。

ベンチマークスコアを見るとシングルコアで1188/マルチコアで2186という結果になった。端末価格から考えると想像できるパフォーマンス、スコアだと思う。

Androidアプリの使い勝手

Fire-HD-10-Tablet-Reivew_IMG_5748

AndroidアプリはAmazonアプリストアからもインストールできるが、アプリのバージョンが古かったことが何度かあったのでFireシリーズを購入すると毎回のようにGoogle Playをインストールしている。

当初はアプリ開発者がGoogle Play以外のアプリストアまで更新する手間を惜しんで、古いバージョンのままにしていたのかと思っていたが、GeekbenchにあったAndnroid OSバージョン5.1.1が理由かもしれない。

Googleは現在、Android Qベータ版に取り組んでいる。そこでは先日レビュー品が不良で発売延期が発表されたGalaxy Foldをはじめとする折り畳みディスプレイ搭載スマートフォンにOS側で対応する内容も含まれるようだ。

ちなみにAndroid Qはバージョン10、Fire OSはAndroid バージョン5だ。

キーボードの使い勝手を改善する

Fire HD 10タブレットを使っていて不便に感じたのはソフトウェアキーボードだった。

まだ使い始めたばかりで慣れていないということもあると思う。しかし、それ以外に音声入力が使えないことが不便だった。アレクサは入力作業をしてくれない。

このキーボード導入については少し長くなってしまったので次の記事に譲りたい。

なお、今回レビューしたFire HD 10 タブレット(32GBモデル)の在庫は復活していた。

<これまでの話>

1.Alexaが使える10インチの『Fire HD 10』と『Echo Show』を比較
2.Fire HD 10 タブレットを購入した話、Google PlayやAlexa利用にmicroSDカード選び
3.Fire HD 10 タブレット購入レビュー、開封の儀
4.Fire HD 10タブレットで「Showモード」を試す、購入レビュー02
5.Fire HD 10タブレットにGoogle Playを簡単にインストールする方法

最新のFire HD 10記事

よく一緒に閲覧される記事

Fire HD 10 タブレット(2019)の標準ランチャー無効化、Nova Launcherの有効化

root化の手段が断たれた第9世代Fire HD 10 タブレット

ADB接続エラー「adb error: device ‘(null)’ not found"」の対処法

久しぶりにADB環境を構築したこともあり、忘れていたエラー「adb

Fireタブレットのカスタマイズに、15秒でADB構築「15 seconds ADB Installer」のインストール

有難いことにタブクル読者より第9世代Fire HD 10 タブレッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑