アップル、iPadのMacサブディスプレイ機能「Sidecar」発表、Apple Pencilにも対応

公開日: : Apple ,

Apple-Sidecar

アップルが開催した開発者会議WWDC19で、かねてより噂されていた公式のiPadサブディスプレイ化機能「Sidecar」が発表されました。

iPadがMacのサブディスプレイになる「Sidecar」発表

macOSの新バージョン”Catalina”(カタリナ)の新機能として搭載される「Sidecar」は同一ネットワーク内のiPadをMacのサブディスプレイとして利用できます。

さらにApple Pencilを使うことでMacアプリに手書き入力を行うことが可能、ペンタブレットになるとして期待が高まっています。

同社は「Sidecar」について次のように説明しています。

サイドカーを使用すると、iPadを2台目のMacディスプレイとして使用して、ワークスペースを拡張できます。別のアプリを参照しながら作業したり、iPadでツールやパレットを使用しながらMacでアートワークを表示したりします。画面をミラーリングして両方の画面に同じコンテンツが表示されるようにして、表示内容を他のユーザーと正確に共有することもできます。

Sidecarを使用して、Apple Pencilの使いやすさと精度をお気に入りのクリエイティブMacアプリケーションにもたらします。Apple Pencilを使用してIllustratorでデザインしたり、Affinity Photoで写真を編集したり、ZBrushで3Dモデルを作成したりします。そして便利なサイドバーは、重要なコマンド、コントロール、そしてシフトキーをあなたの指先に配置します。

Mac-LunaDisplay-img-20190417

次期macOSでiPadがワコム液晶タブレット化か、新機能「Sidecar」の噂より

これまで同機能はサードパーティ製アプリ・機器を使った「LUNA DISPLAY」と「Duet」などで実現されていましたが、「Sidecar」は無料のOS標準機能として提供されるため、類似機能を提供するアプリは更なる進化・機能が求められます。

「LUNA DISPLAY」といえば最近、「Sidecar」の噂もあって専用ドングルの送料を無料にしたり、折り畳みディスプレイ版MacBookのイメージ動画を公開するなど話題を提供していました。

macOS Catalinaは本日よりベータ版を提供開始、今秋リリースを予定しています。

追記⇒iPadOSでUSB接続によるマウス操作に対応、進むノートパソコン化

よく一緒に閲覧される記事

iPhone SE 2の価格は約4.3万円か、カラーは3色展開とも

Appleに関する情報で実績のあるアナリストMing-Chi Ku

iOS13.2 Beta2アップデートでiPadが文鎮化する恐れ、利用不可に

Appleが米国時間10月10日にリリースしたiOS13.2 Be

iPhone SE 2や次期iPad Proは2020年Q1に投入か、16インチMacBook ProはQ2発売とも

Appleに関する情報で実績のあるアナリストMing-Chi Ku

→もっと見る

PAGE TOP ↑