日本市場で7型『OneMix2S』のハイエンド2製品が発売、Core i7-8500Yなどスペック・価格

OneMix2S-PE

テックワンは6月7日、Onenetbook社がリリースしている7インチ『OneMix2S』シリーズのプレミアム版となる「OneMix2S Koi Edition」及び「OneMix2S Platinum Edition」をオンライン限定で同日より発売すると発表した。

日本市場で7型『OneMix2S』の2製品が発売

テックワンが発売する7型『OneMix2S』シリーズの1機種目「Koi Edition」は日本語の”鯉”をイメージした赤いカラーが特徴、テックワンは次のように説明している。

ボディカラーは縁起の良い「赤」、天板には強さ・勇気・忍耐のシンボルとされる「鯉」をあしらったイラストを刻印したスペシャルバージョンです。わずか518gのコンパクトボディに、インテル第8世代 Core M3-8100Y CPUと8GB RAM、そして大容量512GBのPCIe接続SSDを搭載。ビジネスパーソンのラッキーアイテムとしても常に携帯できるWindows 10 搭載UMPCです。

OneMix 2S Koi Edition

続いて最上位モデルとなる「OneMix2S Platinum Edition」も発売する。

600g未満のUMPCとしては初めて第8世代インテルCore i7-8500Yプロセッサーを搭載した「プラチナエディション」。高性能かつ消費電力が少ないためバッテリー持続時間も向上、最高のUMPCを求める方向けのプレミアムバージョンです。

OneMix2S Platinum Edition

今回の2機種はAmazon.co.jpで販売が開始されており購入できる状態となっていた。価格はOneMix 2S Koi Editionが11,240円、OneMix2S Platinum Editionは138240円となっていた。

OneNetBook社は2019年5月に「OneMix 3S」シリーズを発売している。
UMPC対決、8.9型GPD P2 MAXと8.4型OneMix3Sでスペック・価格を比較

よく一緒に閲覧される記事

ドンキが9980円の電子書籍タブレット『読みまくリーダー』(YMR8-DS)発表、スペック・発売日

ドン・キホーテは9月25日、プライベートブランド「情熱価格」より電

OneMix 3Sで日本語入力、追加ソフトなしでキーボード設定を変更

OneMix 3Sに限らず海外製ノートパソコンは日本語入力を想定し

小型ノートPC『OneMix 3S Platinum』でPCゲームは遊べるか、熱問題・ファン音など

ONE-NETBOOKが小さな筐体に筆圧感知やRAM16GBなどを

→もっと見る

PAGE TOP ↑