ソニーが折り畳み画面スマホを2019年12月にリリースか、一部スペック

公開日: : ソニー

Huawei-Mate-X-20190410

ソニーがGalaxy FoldとHuawei Mate Xのライバルとなる折り畳み式スマートフォンを開発しているとして一部スペックがリークされた。

ソニーが折り畳みスマホ開発か

実績あるリーカーMax J.氏は7月6日、自身のTwitterアカウントでソニーが折り畳みスマートフォンを準備しているとして次のスペック情報を公開した。

3220mAh
SM7250 SoC
LG Display
Nautilus Design
10x Zoom Camera

上記はプロトタイプの仕様であり、実際に発売されるときはSnapdragon 855とQualcomm X50モデムを搭載するだろうとのこと。そのためハイエンド仕様かつ5G通信サポートとなる。

更に早ければ2019年12月または2020年1月にもリリースされる可能性があるとスケジュールを伝えている。

ライバルと名指ししたのは折り畳みディスプレイを搭載したスマートフォン2機種(Galaxy FoldとHuawei Mate X)、いずれも発売には至っていない。

matex2-800x450

Huawei Mate X発表、完成度の高い折り畳み画面スマホのスペック・価格・動画より

Galaxy Foldは2019年2月に発表された4.6インチで展開すると7.3インチになる折り畳みディスプレイ仕様のスマートフォン。世界初を目指してメディアに提供したサンプルで故障が報告され、発売が延期、予約も中止されている。

その後、リペア会社iFixitがGalaxy Foldを分解し、折り畳みディスプレイの難しさを伝えた。

ソニーと言えば過去に折り畳みディスプレイではないものの、2つのディスプレイを持った折り畳みデバイス「Sony Tablet P」をリリースしている。ウォークマンやプレイステーションなどハードで世界に名を轟かせるソニーが技術力をみせるのか今後の情報に注目したい。

Source:Twitter

よく一緒に閲覧される記事

プレステ5は2020年末に発売へ、二つの重要なイノベーションを発表 #PS5

ソニーは10月8日、「プレイステーション」の次世代機について名称が

ソニー『Xperia 8』発表、21:9画面で2アプリ同時操作や2眼カメラなどスペック・価格

ソニーモバイルは10月7日、6インチで21:9という特徴のディスプレイ

ソニーがSIMフリー版『Xperia Ace』を発表、MVNO各社から販売へ #発売日 #スペック

ソニーおよびソニーモバイルコミュニケーションズは9月24日、5イン

→もっと見る

PAGE TOP ↑