低価格「iPhone SE2」が2月より生産開始か、3月に発表へ

公開日: : 最終更新日:2020/01/28 Apple

iPhone-leaks-20191029

Appleのサプライヤより2020年2月から低価格な新しいiPhoneの生産が開始される可能性が伝えられている。同デバイスについては3月の発表が昨年より噂されていた。

低価格「iPhone SE2」発表か

ブルームバーグはJST時間1月22日、Appleのロードマップに詳しい人物からの話として同社が3月には新しいスマートフォンを発表する可能性を伝えた。サプライヤ経由では来月の2月には組み立てを開始するという。

新しいiPhoneについては「iPhone SE」以来の低価格モデルとなり、デザインは2017年リリースのiPhone8に似ており、画面サイズは4.7インチになるという予想も伝えた。

価格についてはわからないとしながらも、現在販売中のiPhone8が449ドル、2016年リリースのiPhone SEが399ドルで発売していることに触れている。

これまでの情報では画面指紋センサーとホームボタンに内蔵したTouch IDを組み込む一方で顔認証のFace IDは見送られるほか、iPhone 11と同じチップが搭載されると伝えられていた。

続きiPhone SE 2は2月後半より本格量産へ、安価な液晶パネル採用など(日経)
前回⇒次期iPhone SEの正体は『iPhone 9』か、3D Touch非搭載など

Source:bloomberg

よく一緒に閲覧される記事

Apple Watch 6に旧モデル向け充電器は危険だった話。

ソロループによって腕時計をしている感覚がなくなったおかげで装着したまま

Apple Watch Series 6はバッテリー増量、分解で判明

電子デバイスの修理や関連グッズの販売を行なっているiFixitが、

Apple Watch Series6購入レビュー、GPSモデルの理由とソロループと感想

先日オーダーしたApple Watch Series 6が到着した

→もっと見る

PAGE TOP ↑