Wine 5.0発表、macOS/LinuxなどでのWindowsゲーム環境を改善

公開日: : ニュース

WINE-news-20200122

Wine Teamは米国時間1月21日、x86アーキテクチャ上のmacOSやLinuxといったUNIX系OSで仮想マシンを使わずにWindowsアプリケーションを実行できる最新のWine 5.0を発表した。

ゲーム対応を改善したWine 5.0発表

ここ数年にわたり毎年1回のメジャーアップデートを行っており、今回のWine 5.0では次の内容がリリースノートに書かれていた。

  • マルチモニターへの対応
  • PEフォーマットへの対応
  • XAudio2の再実装
  • Vulkan 1.1のサポート

今回の目玉アップデートはマルチモニターへの対応、グラフィックスAPI「Vulkan 1.1」への対応でWindowsゲームをLinuxやmacOSで実行するための大きな改善が取り込まれた形だ。

関連記事:Fire HD 8でexeファイルを実行、『Wine』をインストールした話

Source:WINE News

よく一緒に閲覧される記事

新型肺炎・コロナウィルスの感染マップが公開、各地の死者数もカウント

2019年12月より中国武漢市で感染が確認された新型コロナウィルス

郵便局がキャッシュレス決済を開始、SuicaやAmazon Payなどに対応

日本郵便は2月3日、郵便局の郵便窓口においてクレジットカード払いや

ゆうちょ通帳アプリは2月下旬に開始、4月終了の残高照会アプリと比較

ゆうちょ銀行は1月24日、ネットバンキングを利用していなくても使え

→もっと見る

PAGE TOP ↑