楽天がスマホ単体の最大50%ポイント還元開始、楽天モバイルと価格差あり

公開日: : 楽天

rakuten-sale-20200424

楽天株式会社が運営する楽天スーパーDEALにおいて、ソニーや富士通のSIMフリースマートフォンが最大50%ポイント還元されるキャンペーンが開始された。

楽天モバイルのSIMセットとの価格差による注意点も併せて記載する。

楽天がSIMフリースマホを最大50%ポイント還元中

楽天スーパーDEALでポイント還元対象のSIMフリー端末は次の8機種となっている。

OPPO A5 2020
AQUOS sense3 lite
AQUOS sense3 plus
Galaxy A7
Galaxy S10
Galaxy Note10+
Xperia Ace
arrows RX

これらのスマートフォンは楽天モバイルで販売されているラインナップだが、今回のスーパーDEALは、楽天の通信サービス「楽天モバイル」と区別して販売しているようだ。

各スマートフォンの販売ページでカートに入れる際、「Rakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーンの対象外である」ことを了承する必要があった。
そのため、SIMカードをセットで購入するのであれば楽天モバイルで直接オーダーしても良いことになる。

しかし、同じ機種で還元額を見比べてみたところ、富士通のarrows RXは次のようになっていた。

  • 楽天モバイルのセット:9500ポイント還元
  • 楽天スーパーDEAL(端末単体):13120ポイント還元

上記の通り、arrows RXであれば楽天モバイルではSIMカード単体で契約し、楽天スーパーDEALでSIMフリー端末を購入したほうが還元ポイントが増えることになる。

もちろん、楽天モバイルのセットで購入したほうが良い「AQUOS sense3 lite」のような機種もあるため、見比べる必要がある。

タブクルでは楽天モバイルのSIMカード単体契約をしてレビューしている。初期費用3000円分だけ請求されたが、それもポイント還元されるため実質年間0円となっている。

Rakun-Un-LIMIT-review_8874

関連記事:楽天モバイルの楽天回線エリアに行った話、スピードテスト・対応バンド

スマホ単体とSIMカードセットの価格差は下記リンクより確認できる。

リンク:楽天スーパーDEAL(スマホページ) / 楽天モバイル(製品一覧)

よく一緒に閲覧される記事

楽天モバイル、Rakuten MiniなどAndroid 12アップデート対象外か

楽天は10月27日、通信サービス「楽天モバイル」で販売しているAndr

ペン対応「Kobo Sage」発表、Kobo スタイラスの機能と注意点

楽天グループのRakuten Koboは2021年10月6日、電子書籍

HONDAと楽天、自動配送ロボットの実証実験を開始

本田技術研究所は2021年7月19日、楽天グループ共同で筑波大学構内に

→もっと見る

PAGE TOP ↑