BIGLOBEモバイル、データ最大20GB無償化の延長を発表

公開日: : モバイル通信 ,

BIGLOBE 2020 05 01 11 00 14

ビッグローブは4月27日、同社の通信サービス「BIGLOBEモバイル」において新型コロナウイルスにより実施している月間データ容量超過後に追加した20GBまでのデータ容量を無償で提供する支援策の延長を発表した。

BIGLOBEモバイル、データ最大20GB無償化を延長

BIGLOBEモバイルでは2020年4月に購入したBIGLOBEモバイル「ボリュームチャージ」の料金を無償で提供する支援策を実施していた。

今回新たに4月分に加え、5月分についても引き続き支援を継続することが発表された。

ボリュームチャージは、BIGLOBEモバイルの下記プランで月間データ通信容量を超えても、継続してデータ通信が可能となる容量追加のサービス。

  • 音声通話スタートプラン
  • 3ギガプラン
  • 6ギガプラン
  • 12ギガプラン
  • 20ギガプラン
  • 30ギガプラン
  • スタンダードプラン
  • ライトMプラン

ボリュームチャージの購入は契約者が自ら手続きする必要がある。

対象者は、BIGLOBEモバイルを利用している学生(25歳以下)で、かつ受付窓口に申し出たBIGLOBE会員(個人)となっており、受付窓口では、利用者のお名前、年齢、学校名を伝えてほしいとしている。
(4月に受付済みであれば5月は自動適用)

受付が完了すると下記の内容で支援を受けることができる。

  • 2020年4月1日から4月30日にご購入の、ボリュームチャージ利用料(最大20GB分まで)
  • 2020年5月1日から5月31日に購入の、ボリュームチャージ利用料(最大20GB分まで)

BIGLOBE個人会員向けの受付窓口は下記リンクより確認できる。

リンク:  BIGLOBEニュースリリース

よく一緒に閲覧される記事

NTTドコモとau、料金支払いを6/30まで延長と発表

NTTグループとKDDI、沖縄セルラーは新型コロナウイルス感染症に

SoftBankとY!mobile、50GB追加データ無償提供を6/30まで延長と発表

ソフトバンクとワイモバイルは5月11日、新型コロナウィルスに関する

全契約者にデータ50GBを8月まで無償提供、NifMoが発表

ニフティは5月1日、モバイル通信サービス「NifMo」の全契約者を

→もっと見る

PAGE TOP ↑