iPhone13は6400万画素と光学5倍ズームなど搭載か

公開日: : Apple

Apple iPhone13 leaks 20200528

以前よりiPhone13の情報を伝えているリーカーが、新たにiPhone13のカメラに関してアナモフィックレンズを搭載するなど具体的な情報をリークした。

iPhone13はカメラ、リーク。

Twitterアカウントchoco_bit氏は日本時間5月28日、iPhone 13には次のようなカメラの特徴があるとTwitterに投稿した。

  • 広角6400万画素(最大6倍デジタルズーム)
  • 望遠3倍から5倍の光学ズーム(15倍から20倍のデジタルズーム)
  • 6400万画素アナモフィックレンズ (2.1:1)
  • 超広角4000万画素(0.25倍)
  • LiDAR 4.0

同氏は、iPhone13には広角6400万画素と望遠4000万画素、超広角4000万画素、LiDAR 4.0という構成になると伝えている。

先日は2013年のiPhoneでLightning端子が非搭載のポートレス化が伝えられていた。

リンク:Twitter

よく一緒に閲覧される記事

iPhone 12シリーズ3機種(ダミー)のハンズオン動画が登場

2020年秋にリリース予定の次期iPhoneシリーズについて、5.

Apple、折り畳みiPhone/iPad向けの特許を取得

Appleが折りたたみ式デバイスに関する特許取得を行っている事は、

iPhone 12のサイズ、初代SEと7の中間か

Appleの次期iPhoneシリーズでiPhone miniとも呼ばれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑