iPhone 12に謎の磁石サークル、逆ワイヤレス充電か

公開日: : 最終更新日:2020/08/06 Apple

早ければ10月の発表が噂されている次期iPhone12シリーズについて、中国Weiboから新たなパーツ画像が公開された。

これについて海外メディアはワイヤレス充電のサポート用か、逆ワイヤレス充電を実現するパーツではないかと伝えている。

iPhone 12に謎の磁石サークル

5G通信のサポートやUSB Type-Cの採用だけでも大きな変化だが、さらに充電関連で新しいパーツが追加される可能性が出てきた。

リーカーEverythingApplePro氏は自身のTwitterアカウントにおいて、iPhone 12のシャーシ内部だというメッセージと共に3枚の画像を投稿した。
そこには36個のマグネットが円を描くように配置されており、Qi規格のワイヤレス充電コイルを連想させることから充電関係のパーツではないかとみられている。

IPhone leaks 20200805233041

他の画像には、カメラユニットを収めるパーツと一緒に上図と似たような形状のコイルを配置した基盤があり、同氏がシャーシ内部のパーツだと説明するのも頷ける。

IPhone leaks 20200805232948

1枚目の画像にあるマグネットについては、昨年リリースされなかった充電器AirPowerへ設置する際に位置を修正するためのパーツではないかとする見方がある。

もう1つの可能性として、かねてより噂されていたQi規格による逆ワイヤレス充電を提供するためのマグネットという話もあった。これについては充電する側のAirPods Proなどが対応している必要があるため、そういったパーツを内蔵しているのか疑問が残る。

また、海外メディアではiPhone 11シリーズで未だに囁かれている「実は双方向充電可能でソフトウェアにより無効にしているだけ」という説もあるが、それはApple系アナリストKuo氏が否定していた。

Google Pixelシリーズが年内に5G対応端末をリリースする以上、5G対応iPhoneを出すタイミングは2020年になるだろう。それに合わせてUSB Type-Cに切り替わるというのもリアルに感じる。

そこへ再び浮上した逆ワイヤレス充電やAirPower対応の可能性、iPhone 12は大きな変化を連れて誕生するのかもしれない。

前回→iPhone 12シリーズでUSB Type-C搭載か、理由は5G

Source:Twitter

よく一緒に閲覧される記事

iPad Air 4の発売日が決定、在庫状況と配送予定日

Appleは10月16日、最新タブレット端末「iPad Air 4

Appleシリコン搭載Macは11月17日に発表か

Appleが計画しているというSilicon搭載Macの発表が11月1

iPhone 12シリーズのRAM情報リーク、最大6GBを搭載へ

Appleが発表した新しいiPhone 12シリーズのRAM情報が伝え

→もっと見る

  •  
     

PAGE TOP ↑