Android 11正式リリース、画面録画など11の新機能

公開日: : Android

Android11

Googleは米国時間9月8日、最新モバイル向けOS「Android 11」を正式にリリースした。3つのポイントを中心に開発されたというベータ版から期待値の高い11の機能が紹介されている。

Android 11がやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!

AndroidエンジニアVPのDave Burke氏は「Android 11」発表記事において新たに追加された11の機能を紹介している。それらを簡潔に見ていきたい。

コミュニケーション(People)

最初の3つはコミュニケーションに関する新機能となっている。

  1. メッセージアプリを1箇所に集中
    メッセージングアプリ間の会話が通知セクションの専用スペースに移動した。
  2. バブル機能
    作業中のアプリとメッセージアプリを切り替えなくても、重要な会話に応答できるように。
  3. 画面録画に対応
    システム標準で端末の画面をビデオ録画、マイクによる音声録音も可能となった。

デバイス管理セクション(Control)

4〜6はデバイス管理、電源ボタンの可能性が大きく変わるバージョンとなった。さらにオーディオ再生もスムーズに行えるようになる。

  1. 電源ボタンの強化
    電源ボタン長押しでスマートデバイスを管理、鍵の解錠や電気ON/OFFなどを直接操作。
  2. メディアコントロールの再設計
    イヤホンからスピーカーなど再生デバイスを迅速切り替えられるようになった。
  3. Android Auto
    互換性のある自動車であればAndroid 11からワイヤレス操作可能に。

セキュリティ(Privacy)

7〜10はセキュリティに関する機能で、サードパーティ製アプリによる個人の活動や端末情報の取得が制限しやすくなった。

  1. ワンタイム許可
    カメラ・マイク・現在地という重要な情報は、アクセス許可を1回限りにすることが可能に。
  2. 未使用アプリの権限リセット
    しばらく使っていないアプリに与えたマイクやカメラ、現在地の情報収集を自動リセットして通知、次回アプリを使用するときに再び付与可能に。
  3. Google Playシステムアップデートモジュールの導入
    OSの正式なアップデートを待たずにセキュリティ更新やプライバシー修正のアップデートを個別に入手できるようになった。
  4. Android Enterpriseにもプライバシー保護を
    Android 11ではAndroid Enterpriseユーザーでも高いプライバシー保護を会社所有のデバイスに提供、仕事用プロファイル使用で端末の個人プロファイルを監視することなくデバイス管理が可能になった。

Pixel端末への機能

最後となる11番目の機能はGoogleの自社スマートフォン「Pixel」シリーズへ向けたアップデートとなっていた。

Pixel 2以降であれば、毎日のルーチンからアプリの提案を表示したり、スクリーンショットを撮ることができる新しいアクション、スマートフォンの整理や管理をするための追加機能を利用できる。

Android 11は日本時間9月9日より一部のPixelやOnePlus、Xiaomi、OPPO、およびRealmeスマートフォンへ順次配信、今後数か月でより多くのデバイスがアップグレードされるとしている。

Source:Turning it up to Android 11

よく一緒に閲覧される記事

Android 11正式リリース、画面録画など11の新機能

Googleは米国時間9月8日、最新モバイル向けOS「Androi

デスクトップ版『Android 9.0』リリース、古いPCをAndroidで再利用

古いPCの活用方法として別OSをインストールする手法は昔から行われ

Googleが『Android10』(Android Q)をリリース、10個の目玉機能

米Googleは現地時間9月3日、これまでAndroid Qとして

→もっと見る

  •  
     

PAGE TOP ↑