M1版MacBook AirのCore i9超えベンチマーク登場、ハイスコア叩き出す

公開日: : Apple , ,

 この記事にはアフィリエイト広告・広告が含まれています。

Apple M1chip

Appleが先日発表したM1チップ搭載MacBook AirのベンチマークがGeekbenchに掲載された。海外メディアは、Intel Core i9搭載MacBookProを超えるスコアを叩き出したと伝えている。

M1版MacBook Airのベンチマークスコア

AirだけでなくProモデルにも搭載されたことで高い処理性能が期待されていたM1チップ、それを搭載した「MacBookAir10,1」とする端末がGeekbench 5に掲載された。

ベンチマークの計測に使われた端末はOSにmacOS 11.0.1 (Build 20B29)、プロセッサ情報には動作クロック3.20 GHzのApple Siliconとある。メモリは8GBを搭載。

そして、注目のスコアは次のようになっている。

  • シングルコア:1687
  • マルチコア:7433

上記スコアについてベンチマークの速報を伝えた9TO5Macは、Intel Corei9プロセッサ搭載16インチMacBookProモデルのスコア(シングルコア1096/マルチコア6870)を持ち出し、どちらにおいても上回っていることを伝えた。
このIntel Core i9プロセッサは動作クロック2.3GHzの8コアで、ターボブースト時は最大4.8GHzとなっており、M1チップを知る手掛かりになりそうだ。

さらに驚くことに高額でハイスペックなMac Pro(2019)エントリーモデルのスコア(1024/7989)と比べてマルチコアでは僅かに叶わないものの、シングルコアではM1チップが優れたパフォーマンスを叩き出していると伝えている。

M1チップはデスクトップ向けIntelプロセッサと競えるようだ。

MacBook Air 2020 Mi

記事:M1チップ版MacBook Air発表、新旧スペック比較より

同メディアは最後にMacBook AirのM1チップモデルがファンレスであることに触れ、従来通りファンが搭載されるMacBook ProとMac miniは持続的なパフォーマンス向上が期待できると綴った。

前回→Mac mini (M1 2020)は買いか、MacBookからの乗り換えを考える。

<関連記事>

Source:Geekbench / 9TO5Mac

よく一緒に閲覧される記事

iPhoneがマイナンバーカード対応へ、2025年春スタート/使用方法

Appleは日本時間2024年5月30日、日本でAppleウォレットを

(価格改定)iPad mini 6が最大10,000円値上げでiPad 10は値下げに、新旧価格一覧

Appleは日本時間2024年5月8日、最新iPadシリーズ2

Appleが20.3インチ折りたたみデバイスを2025年に投入か、7.9インチ/8.3インチのiPhone Foldは2026年とも

海外メディアが投資家向け情報からAppleが折りたたみデバイスの開発を

→もっと見る

PAGE TOP ↑