Mac mini(M1 2020)を注文した話、到着時期や価格など

公開日: : Apple , , ,

Mac mini M1 2020 img 001

MacBook Proからの移行先として「Mac mini(M1 2020)」を選んだ。Appleへカスタマイズ注文した仕様と金額、到着予定日などを記録する。

Mac mini(M1 2020)を購入、到着日と価格

先ほどのベンチマークスコアをみても、今回のアップデートで最も大きな進歩を遂げたのはMacBook Airに思える。MacBook Proとの差別化として長時間のフル稼動に向かないファンレス仕様にしたところはスマートに映った。パワフルなのに静音、Airらしさは失われていない。

Mac使いのミニマリストならMacBook Airは素敵な選択肢だが、シンプルライフを目指す私は生産性と拡張性を考えてMac miniを選んだ。

今回オーダーしたのは次のようなスペックとなっている。

  • 8コアCPUと8コアGPUを搭載したApple M1チップ
  • 16コアのNeural Engine
  • 16GBのユニファイドメモリ
  • 1TB SSDストレージ

上記の仕様でストレージを2TBにすればフルスペックだがプラス4万円となる。約1年後に売却する事を考えると購入時のプラス4万円分を回収できるほど価値が高まると思えなかった。それと手持ちのMacBook Proも1TBだが2年使用して500GB以上が空いている。この2つが1TBにした理由だ。
また、過去のiPhone SEでストレージ速度が遅いという記事から1TBあれば十分だと判断した。

あとはAppleが2TBだけ高速ディスクにしている可能性が懸念されるくらいだろうか。

その他、メモリは上限いっぱいの16GBを選択、M1チップはAirと異なり全ての選択肢で8コアとなっていたので高めることはできない。

価格と到着予定日。

Mac mini M1 2020 01

先ほどの構成でオーダーすると小計132,800円で、消費税13,280円を足して合計146,080円(送料無料)となった。ちなみに2TBにすると172,800円+消費税で190,080円、一括償却できる20万円以下なので売却を考えず長く愛用するならフルスペックも良さそうだ。

次に到着予定日は11月21日〜23日となっていた。

この記事を書くにあたって再び注文画面を進めたところ最短で12月1日〜8日と表示された。10日から18日ほど納期が延びていることから未知のチップへ漕ぎ出した仲間は少なからずいるようだ。

Mac miniが到着したらストレージの読み書きテストをはじめ、ゲームソフトのベンチマーク結果などを順次レビューしていきたい。

前回→Mac mini (M1 2020)は買いか、MacBookからの乗り換えを考える。

よく一緒に閲覧される記事

iPhone 12 mini減産し12 Pro増産か、日本で4モデル配達状況をチェック

2020年1月に入ってからiPhone 12シリーズの売れ行きが報

iPhone 13で指紋認証が復活か、2021年モデルの可能性 #TouchID

実績あるリーカーJon Prosser氏が2020年12月に伝えていた

Appleが折り畳みiPhone開発中か、iPhone13は充電ポート廃止など

Appleが2021年内にリリースするiPhone 13についての最新

→もっと見る

PAGE TOP ↑