iPhone 13で指紋認証が復活か、2021年モデルの可能性 #TouchID

公開日: : Apple

実績あるリーカーJon Prosser氏が2020年12月に伝えていたiPhone主力モデルでのTouch ID復活について、今度は別のリーカーが「まもなく戻ってくる」と伝えている。

iPhone 13でTouch ID復活か

iPhoneの名称を当てるなどApple製品の事情に詳しいTwitterアカウント有没有搞措 (@L0vetodream)氏がTouch IDを再び搭載してほしいというコメントに対して「It’ll be back soon」と返事して話題となっている。

Touch IDの復活を望む声に対しての返事であることからiPhone SE 2020のような最初から搭載されているiPhoneが近日発売という意味ではなく、主力シリーズに搭載されると見られている。

海外メディアでは「まもなく」という表現から遠くないスマートフォンとなる2021年秋のiPhone13シリーズに搭載されると解釈されていた。

その一方で「Touch ID」はiPhone SEシリーズや無印iPadに搭載される従来のホームボタン式と新しいiPad Airで初採用されたXperiaを模倣した電源ボタン式、中国メーカーが先を行くディスプレイ式の3種類があり、どれが搭載されるかという話もある。

OPPO-R17-Neo
画像:日本初のディスプレイ指紋センサー搭載、UQ mobileが6.4型『OPPO R17 Neo』独占販売を発表・スペック・価格より

Appleは切り掛けディスプレイやホームボタンの排除をしていることからディスプレイの画面占有率を気にかけていることが伺えるため、従来のホームボタン式に戻ることはないだろう。

そのこともあり多くの海外メディアは、Qualcommが発表した最新のディスプレイ埋め込み式指紋センサーが搭載される可能性を伝えている。

最近ではAppleが充電ポートさえも省く可能性が伝えられており、そのことから筐体に入力パーツが現れない画面指紋センサーは有力候補と言えそうだ。

前回のiPhone
Appleが折り畳みiPhone開発中か、iPhone13は充電ポート廃止など

関連記事:iPhone13は画面内に指紋センサー内蔵かより

Source:Twitter

よく一緒に閲覧される記事

次期Apple Watch、血糖値測定に対応か

コロナの影響で血中酸素測定できるApple Watchの重要度が高まる

Apple「iPhone 12は医療機器から15cm/30cm離して」と案内

Appleは日本時間2021年1月25日、iPhone 12シリーズと

日本でもApple Watchの心電図・不規則な心拍が利用可能に、対応端末

Appleは日本時間1月22日、日本においてAppple Watchの

→もっと見る

PAGE TOP ↑