まもなく物理キー/小型スマホをUnihertzが発表へ

公開日: : スマートフォン ,

日本でも小さいスマートフォンをリリースして話題を集めた中国ベンチャーUnihertzが4月7日に新製品を発表すると告知している。

今回は小さいだけでなくQWERTYキーボードによる生産性が加えられるようだ。

Unihertzの小型スマートフォン

タブクルでも2018年2月に2.45インチJelly Proを購入してレビュー記事を書いているが、日本でも展開しているだけあって、後のJelly 2Unihertz Atomを含め特殊な端末ながらモバイル通信や使い勝手で困らないところが大きな魅力となっている。

今回の新モデルについて、Unihertz Japanの公式ツイッターでは「小さいスマホ」と「QWERTYスマホ」としており、添付した写真のような物理キーボードを備えた小型スマートフォンになるようだ。

UnihertzJapan 20210403

QWERTYキーボードを備えた時点でJellyシリーズの画面サイズだとしてもiPhone miniやiPhone SE 2に近い筐体サイズでないとキーボードによる生産性を確保できないようにも思えるがスライド式や折り畳みという可能性もある。

Unihertzは4月7日に新製品を発表する予定としている。

新製品発表の記事を掲載後は、最新のUniherts記事一覧より確認できる。

Source:Twitter

よく一緒に閲覧される記事

本気のLinuxスマホ「PinePhone Pro」は買いか、スペック・価格

PINE64が数日前に発表した最新Linuxスマートフォン「PineP

富士フィルムがペン/折り畳みスマホ開発中か、特許出願が判明

カメラメーカー富士フィルムが米国の特許庁(USPTO)において折り畳み

シャープ、1型カメラ/DSDVスマホ「AQUOS R6」のSIMフリー版を発売へ/スペック表

シャープは9月14日、世界初 1Hz-240Hz駆動OLEDディスプレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑