新OS「Windows 11」発表、Androidアプリが動くなど新機能・提供時期ほか

公開日: : Microsoft

日本マイクロソフトは6月25日、新しいオペレーションシステムとして「Windows 11」を発表した。

事前にリークされていたスタート メニュー刷新を含めた新機能が明らかにされている。

Windows 11とは。

マイクロソフトによるとWindows11は「フレッシュな視点」として次のような説明があった。

  • Windows 11 では、やりたいことに集中できる、落ち着いた雰囲気のクリエイティブなスペースをご用意しています。
  • スタート メニューを刷新し、連絡を取りあう人々やニュース、ゲーム、コンテンツとつながる新しい方法をご提案。
  • Windows 11 は、ごく自然に考える、表現する、あるいは創り出す場所となります。

具体的には生産性を向上するためにOS名にもなっているウィンドウを直感的に操作できる「スナップレイアウト」機能がある。

例として画面の左半分にブラウザ、右側の上半分にビデオ通話、その下半分に資料を表示させて、通話終了後は左右2つのウィンドウに戻すといった形だ。

新しいウィジェットでは、ユーザーがキュレートを担当するという仕組みを導入、興味のあるニュースや使いたいアプリ、番組が見つけやすくなるという。

Xbox Game Passでは100以上のハイクオリティなゲームにアクセス可能、現実のような映像美でゲームを新しい段階に引き上げるとしている。

AndroidアプリはMicrosoft Storeに統合されたAmazon AppStoreから入手可能となり、Windowsのネイティブアプリと並べて表示できる。

また、Windows 10搭載PCの全てではないが無償アップグレードが行われることも明らかにされた。

システムの最小要件はメモリ4GBにストレージ64GBとスティックPCでも十分に動作する内容となっていた。

Windows 11 は、2021年後半リリースを予定している。

同社が公開したWindows 11特設ページの最下部では「古いPCでもWindows 11は実行できるのか?」といったQ&Aも掲載されていた。

前回の話
Windows 11 SEとは何か、新たなSKUの存在

リンク:Windows 11

よく一緒に閲覧される記事

Microsoft、ついにWSLプレビュー版をストア配布開始(Linux)

米Microsoftは現地時間2021年10月11日、Windows

Windows 10、まもなく一部アプリを拒否開始。

Microsoftは2021年8月初旬よりWindows 10において

iPadのWindows化、MSが月額料金を発表

Microsoftは米国時間8月2日、先月発表したMacやiPad/A

→もっと見る

PAGE TOP ↑