E-INK/10.3型「Huawei MatePad Paper」発表、手書き入力などスペック

公開日: : 最終更新日:2022/06/09 その他・中華タブレット , ,

華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)は5月26日、手書き文字入力に対応したE-INK採用の10.3型電子ペーパータブレット「MatePad Paper」を発表した。

発売日は2022年6月9日、価格は6万4,800円。

「Huawei MatePad Paper」のスペック

「Huawei MatePad Paper」の大きな特徴として4096段階の筆圧検知に対応したスタイラス「HUAWEI M-Pencil(第2世代)」を同梱、それにより10.3インチのE-INK採用ディスプレイを読書リーダーとしてだけでなく、メモ用デバイスとして活用できるようになっている。

さらに音声メモやオーディオブックにも対応、OSはHarmony OS 2をプリインストールしている。

「Huawei MatePad Paper」の画面サイズは10.3インチで解像度は1872×1404、画面専有率は86.3%となっていた。

SOCはHUAWEI Kirin 820E、RAM4GBにストレージ64GB。

通信はWiFi 6とBluetooth 5.2に対応。加速度・ホール・指紋センサーに対応。

端子はUSB-C、2つのスピーカー、4つのマイク。

本体サイズは225.2×182.7×6.65mm、重さは約360g。

バッテリー容量は3625mAhで22.5W急速充電をサポート、1.5時間の充電で6日間使用可能としている。

ソフトウェア、機能。

ディスプレイは暗闇の中でも快適に読書ができるという32段階のライトを搭載。

メモアプリでは「充実したテンプレート」として、ToDoリストやスケジュール管理などを用意しており思考整理やアイデア出しのノート術に活用してほしいとしている。

音声メモではノート画面にあるマイクボタンからボイスメモという形で録音可能、iOS/iPadOSユーザーであればNotabilityの機能だと思ってよさそうだ。

また、GoodNotesなどの強みである手書き入力のテキスト変換も搭載している。

他にはPCやスマートフォンとのファイル共有を強調、ドラッグでファイルを転送できるとしている。

価格・予約割引など

「Huawei MatePad Paper」の公式直販サイトでは通常価格64800円、予約購入では6500円が安くなるとのこと。

発売日は2022年6月9日となっているが、変更する可能性があるという注意書きがあった。配達時期は「発売日以降のお届け」という記載あり。

続き→発売記念3000円OFF、筆圧4096/E-INK/10.3型HUAWEI MatePad Paperが特価に

リンク:Huawei MatePad Paper

よく一緒に閲覧される記事

EGBOK P803 レビュー、Google Playのゲームは遊べたか

先日よりレビューしているイオシスが6,980円で販売中の激安タブレッ

EGBOK P803 レビュー、内部ストレージとSDカードの読み書き速度・ベンチマークスコア

第12世代Fire 7も本日到着予定となり、最安クラスの2機

激安タブ「EGBOK P803」にmicroSDカード128GBは使えるか、ストレージ化レビュー

これまでレビューしてきた限り6980円という価格を上回るパフ

→もっと見る

PAGE TOP ↑