未だ謎の「PIPO M1」のサイズと重量を調べてスペック比較してみた

公開日: : その他・中華タブレット

現在PIPO U1が話題ですが、9.7インチの「PIPO M1」のスペックを見てみると

どのショップもサイズと重量が掲載されていませんでしたが

何とか見つけ出し「PIPO M1」を原道 N101双撃、U30GTと比較してみました。

pipo-m1_body

「PIPO M1」のスペック比較

スペック表の黒塗り&白文字については後述します。

pipo-m1_spec

「PIPO M1」のサイズと重量について

「PIPO M1」のサイズ、重量、SDスロットの最大容量はアリババのショップたちが情報源です。

一番多く掲載されている情報を書いています。

そのため、確実というわけではありません。

個人的にはサイズがおかしい気もしますが調べた結果に得た数字なので仕方がありません。

「PIPO M1」の重量

もし本当に520グラムであれば、相当軽い9.7インチです。

10.1インチの他2機種に比べると100グラム近く差をつけています。

「PIPO M1」の解像度

これは痛い、10インチクラスでは致命傷ではないでしょうか

原道 N101双撃やU30GTは1280x800に対し

1024x768という7インチクラスの解像度は辛すぎます。

1.5万程度なら解像度を我慢するユーザーもいそうですが

1.9万となるとプラス2千円でN101双撃を買ってしまうでしょう。

原道 VS PIPOの行方

7インチ中華パッドの戦い

原道が一歩リードしていますが

PIPOはU1という優秀なエースがいます。

もちろん、ainolが一位を奪還するという可能性もあります。

10インチ中華パッドの戦い

これは、今のところ原道の勝利ですね

PIPOもONDAのように新製品を乱発しだすかもしれませんので

現状は原道勝利といったところでしょうか

よく一緒に閲覧される記事

ペン入力/モバイルモニターにもなる2K13型Lenovo Yoga Tab 13発売、スペック

レノボジャパンは8月6日、2K解像度/13インチの大画面Android

ドンキ、32780円の指紋/Win10Pro/14型MUGAストイックPC4」発売・スペックの違い

ドン・キホーテは5月12日、オリジナルブランド「情熱価格」より「MUG

FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRO

→もっと見る

PAGE TOP ↑