『Android SDK』をWindows 8 64bitへインストールする方法01(2013年11月版)

公開日: : Android

 先日、Windows 8 を再インストールしたので、改めて「Android SDK」を初めから構築し直したいと思います。

PB039987-tabkul.com-Nexus-5-Unbox

『Android SDK』をWindows 8 64bitへインストール

 『Android SDK』導入前にオラクルのウェブサイトからJAVAをインストールしたいと思います。

 『Java SE Downloads』ページへ移動し、「JDK」のダウンロードボタンを選択します。

AndroidSDK-Install-tabkul.com-01

 次のページで「Java SE Development Kit」内の「Accept License Agreement」を選択後、Windows x86またはWindows x64(64bitOS用)を選びダウンロードを開始します。

AndroidSDK-Install-tabkul.com-02

 ダウンロードした「jdk-7u45-windows-x64.exe」のファイルサイズは「約125MB」でした。

 「jdk-7u45-windows-x64.exe」を開き、インストーラーを起動します。

AndroidSDK-Install-tabkul.com-03

 次へを選択。

AndroidSDK-Install-tabkul.com-04

 次へを選択。

AndroidSDK-Install-tabkul.com-05

 Javaセットアップが開始されます。

AndroidSDK-Install-tabkul.com-06

 正常にインストールされたという表示を確認し、閉じるを選択します。

AndroidSDK-Install-tabkul.com-07

 以上でJAVAのインストールが完了しました。

 次回は、「Android SDK」のインストールをしたいと思います。

よく一緒に閲覧される記事

Android端末をroot化する7つのメリット、デメリット

Fire HD 8 タブレット(2018)モデルでroot化できる

次期Android Qで進むPC化、マルチディスプレイを「デスクトップモード」で実装へ

Googleは次期モバイルOS「Android Q」において新たに

Android Q Beta 2配信開始、新機能は「Bubbles」と「折り畳み画面エミュレータ」

Googleは米国時間4月3日、モバイルOS「Android」の最新バ

→もっと見る

PAGE TOP ↑