GPSなくてもバッテリーから位置を特定できる「PowerSpy」登場、精度90%

公開日: : Android ,

 スタンフォード大学とイスラエル防衛省がバッテリー消費量から位置情報の取得に成功、精度は90%と高くアプリ側が利用者の位置情報を特定できるとのこと。

PowerSPY

GPS不要で「位置」を特定可能な技術

 GPSを用いらず位置情報を特定できる実現した方法「PowerSpy」は、通信キャリアの基地局から離れた際にスマートフォンの電池消費量が増加する現象を利用しており生活ルートを把握していれば90%、把握していなくても60%という高い精度で位置情報を特定できるとのこと。

PowerSpyではバッテリー消費を分析する

 「PowerSpy」ではバッテリー消費が増える原因となる通信電波が届きにくいビルや山、重いアプリの起動に通話中といった多くの影響を除外して基地局との位置関係によるバッテリー減少を把握できる技術のようです。

 勝手なイメージですがバッテリーアプリのように全アプリの消費量をチェックして排除、純粋な位置情報を把握できるバッテリー情報から特定する感じでしょうか。

全てのアプリはバッテリーへのアクセス許可が不要

 恐ろしいのは、アプリ側が許可なくバッテリー情報へアクセスできることです。

 アプリをインストールする際に「位置情報」の許可を求められることもありますが、電池消費量の把握については許可を必要としていません。ゲーム中にスマートフォンの電源が落ちて連絡が取れない端末になってしまいますのでアプリ側がバッテリー消費を把握できる仕様に許可が求められないのは当然と言えます。

 同技術で集めた位置情報の内容をアプリ提供者が確認するためには何らかの通信を必要としますが、無料アプリは広告配信や課金アイテムなどで開発・運営費を賄っているため通信を拒否するのは困難、GPSほどの精度はないとしても気がかりな技術ですね。

Source:scribdWIRED

よく一緒に閲覧される記事

待望の「Pixel Fold」近づく、Android 12.1の折りたたみスマホ動作動画・ドックなど新機能

未発表のAndroid 12.1に関してXDAで新たなレポートが投稿さ

古いPCをAndroidで復活「Android-x86」とは、Google Playやマルチウィンドウ対応

長く眠らせているパソコンを快適なAndroid端末にするのはいかが

Nexus 5をPC化、Lomiriとは(Ubuntu Touch ハンズオン動画)

Ubuntu Touchを守ったUBportsは、デスクトップ環境「L

→もっと見る

PAGE TOP ↑