デュアルOS/Retina解像度9.7型『原道 Vido M9i』発表/一部スペックと価格

公開日: : 原道 N70双撃

 Windows 8.1 と Android を搭載したデュアルOSにRetina解像度9.7型タブレット『原道 Vido M9i』がweiboで発表されました。

 市場予想価格は約2.91万円(1500元)ほどで3月末にも販売が開始される予定。

Vido-M9i-01

『原道 Vido M9i』の一部スペックと価格

 『原道 Vido M9i』は画面サイズ9.7インチ(解像度2048x1536)、CPUにIntel Atom Z3735Fクアッドコアプロセッサ、RAM 2GB、内部ストレージ32GB eMMC+microSDカードスロット、バッテリー容量8,000mAhを搭載。

Vido-M9i-03

 カメラは背面500万画素、前面200万画素と伝えられています。

Vido-M9i-02

OSはWindows 8.1 with BingとAndroid 4.4が動作しています。

 『原道 Vido M9i』は市場予想価格は約2.91万円(1500元)ほどで3月末にも販売が開始されると伝えられています。

Source:Weibo

よく一緒に閲覧される記事

Vido W10 Elite – Surface 3 クローンがセール中、スペック・価格

 Surface 3と同じような背面キックスタンドを持ち高いスペックを

原道、12.2型Vido W12 Pro版(Core M3)と無印版(Atom Z8700)発表

 中国メーカー原道は現地時間5月19日、12.2インチのWindows

僅か207g?約1.3万円でHDMI/Z8300、8型『Vido W8X』は11月発売予定―スペック表

 僅か207gと超軽量な8インチのWindows 10搭載タブレットが

→もっと見る

PAGE TOP ↑