Android WearでWi-Fi解禁アップデート、手書き絵文字やUI改善など

公開日: : スマートウォッチ

 Googleは現地時間4月20日、ウェアラブルOS『Android Wear』の次期アップデートで提供される機能を公開、今後数週間以内に全7機種に配信すると発表しました。

 最新バージョンではWi-Fi/GPSが有効となり、アプリ画面の常時表示といった機能面に加え、アプリ一覧や連絡先などへのアクセスが容易になるなどユーザーインターフェースが改善されるとしています。

alwayson_500

Android WearがWi-Fiや絵文字などサポート、UI改善で使い勝手が向上

 GoogleのAndroid公式ブログによると、次期Android Wearでは1枚目の画像にあるようなフルカラー表示から白黒表示へ切り替わり、必要な情報をシンプルに表示するアンビエントモードが追加されバッテリーを節約できるとしています。

スマートウォッチ単体でWi-Fi接続が可能に

 Wi-Fi搭載スマートウォッチに対して無線LANへの接続が解禁されました。

 これまでBluetooth経由でスマートフォンと接続していたため10mという範囲内に連携機能が限られていましたが、Wi-Fi解禁によりスマートフォンを忘れてしまってもスマートウォッチと別々の無線LANネットワークを介して通知を受け取ったり、アプリのデータ交換が行えるようになるとのこと。

腕の回転でカードをめくる

 スマートウォッチを装着した腕を半回転させると通知カードをめくることができます。これにより片手が使えない状態でも通知を確認できるようになりました。

wristgesture_500

アプリ一覧や連絡先へのアクセス方法が改善

 Android Wearスマートウォッチで戸惑う操作No.1といえばアプリへのアクセス方法です。

 これまで画面をタップ→スワイプして最下部の「開始」をタップ→「アプリ一覧」であったのに対し、アップデート後は画面をタップ→「アプリ一覧」→スワイプで「連絡先」→スワイプで「お話ください画面」となります。

apps_people_actions_250x250 (4)

 アプリ一覧へのアクセスが容易になったことでランチャーアプリは厳しい状況に立たされそうです。

手書きのEmoji(絵文字)をサポート

 音声コマンドを使わずに画面への手書きで絵文字を描いて気持ちを伝えることができるようになるようです。

quick2_emoji_reply_blog

 上図を見る限り短い文章なら同じ要領で手書きメッセージも作成できそうですね。

アップデート対象は全7機種、更新スケジュール

 次期Android Wearへのアップデートは今後数週間以内に全7機種に対して行われ、LG Watch Urbaneから順次提供されるとしています。

Source:Android Official Blog

よく一緒に閲覧される記事

Apple Watchに画面内Touch ID搭載か、特許申請で明らかに

Appleが米国特許商標庁(USPTO)に申請した特許情報からAp

Apple Watchの『体育の日チャレンジ』開催中、30分ワークアウトで限定バッジ

Appleが様々な記念日にチャレンジ企画を開催しており、今回10月

未来のスマホか、1.6万円でRAM3GB搭載スマートウォッチ『KOSPET Prime 4G』が先行セール開催中 #GearBest

次世代バッテリーの性能によってはスマートフォンは腕に着けておくとい

→もっと見る

PAGE TOP ↑