Nexus Root Toolkitで『Nexus 5 (Android 5.1 LMY47I)』をroot化、TWRPインストール

公開日: : Google Nexus , ,

 Nexus 6 に続き手持ちのNexus 5も最新のAndroid 5.1 LMY47IにアップデートしたのでNexus Root Toolkitによるカスタムリカバリの導入、Root化を行いたいと思います。

Nexus5-image

『Nexus 5 (Android 5.1 LMY47I)』をroot化、TWRPインストール

 (注意)非公式の手段ですので、以下の作業を行う際は自己責任となります。

 今回、Android 5.1(LMY47I)ファクトリーイメージを導入した『Nexus 5』(USBデバッグON)とWindows 8 64bit(Nexus 5 ドライバ導入済み)を繋ぐUSBケーブルを1本を使いました。

 準備ができたらNexus Root Toolkitをダウンロードします。

Nexus-5-RootKit-01

 Nexus Root Toolkitを起動、今回は初回起動ではないので端末とOSバージョンを変更する必要があります。上図の赤枠にある「Change…」を選びます。

Nexus-5-RootKit-02

 今回はNexus 5でOSがAndroid 5.1.0 LMY47Iなので、それぞれ選択して<Apply>を選びます。

Nexus-5-RootKit-03

 前回と同じくBoot.imgとTWRPリカバリをダウンロードしてもらいます。

Nexus-5-RootKit-04

 個別にファイルを揃えてハッシュチェックを行うことを考えるとオートメーションは有り難いですね。

Nexus-5-RootKit-05

 端末情報の変更と必要ファイルのダウンロードを終えたら、上図の赤枠内にある<Custom Recovery>にチェックを入れて<Root>ボタンを押します。

Nexus-5-RootKit-06

 上図と同じメッセージが表示されたらNexs 5で<USBデバッグの許可>を促すダイアログが表示されているので<OK>をタップしてから上図の<OK>を選ぶことで先へ進めます。

Nexus-5-RootKit-07

 上図のメッセージが表示されたら終了です。

 Nexus 5 のドロワーからRootマネージャー「SuperSU」がインストールされていて、アプリ起動時に問題があるというメッセージが表示されなければ成功したと思われます。今回の作業でユーザーデータが削除または初期化されることはありませんでした。

 同様の作業をNexus 7 (2013)で行った記事は「新型Nexus 7 2013、Android4.3(JSS15Q)をRoot化―Nexus Root Toolkit編」より確認できます。

 前回のNexus Root Toolkit
 Nexus 6 (Android 5.1 LMY47I)をroot化、TWRPインストール/Nexus Root Toolkit v2.0.5の使い方

よく一緒に閲覧される記事

Pixel4 / Pixel 4XLは顎なしベゼルレスか、試作機リーク

Googleの次期スマートフォンPixel 4シリーズについて、新

Google Pixel4 / Pixel4XLのスペック情報がリーク、RAM6GB搭載など

Googleが2019年10月にもリリースすると噂されている次期ス

Googleストアで「Pixel 3 XL」が過去最安32000円OFFに、Pixel 3も値下げ

Googleは8月1日、同社のフラッグシップ・スマートフォン『Pi

→もっと見る

PAGE TOP ↑