原道 N70双撃 ファームウェアの更新方法(準備編)

公開日: : 最終更新日:2013/03/01 原道 N70双撃

原道 N70双撃は、カスタムファームを導入すると得られるメリットが多々あります。

今回は、通称「カスROM」と呼ばれるカスタムファームの導入についての準備を行ないます。

必要なファイルを揃えるにも115.comでダウンロードができなかったりと一筋縄では行きませんでした。

スポンサーリンク

原道 N70双撃 カスタムファームについて

2012年8月6日現在カスタムファームは4つありました。

日付が新しいほうが不具合への対策等が施されていると考えていますが

現在、N70dualcore [email protected]が対応している

最新の公式FW「N70双擎版-4.0-20120727-ZZ.rar」は、115.com経由しか入手できないようです。

115.comはオンラインストレージ的なサービスで、「要登録」でした。

入手方法は「115.comからダウンロードできない場合の対処法」を見ていただくとして先に進みます。

  • N70dualcore [email protected]
  • N70dualcore [email protected]
  • N70dualcore [email protected]
  • N70dualcore [email protected]

最新カスタムファーム導入のメリット

文鎮化のリスクはありますが、カスタムファームを導入すると得られるメリットを箇条書きで書いてみます。

下は、N70dualcore [email protected]  導入時のメリット抜粋です。

  • 中華アプリの削除
  • 日本語フォント
  • Googleフォトの同期
  • youtubeアプリ
  • バッテリー消費の改善
  • バッテリーアイコンのパーセント表示

他にも細かいメリットはありますが、個人的に大きなメリットを書いてみました。

AndroidアプリはGoogleアカウントから個人情報が漏れる可能性が高いため

知らないアプリや中華アプリはできる限り削除したいものです。

カスタムファーム(カスタムROM)インストールの準備

カスタムファーム(カスタムROM)を導入するにあたり必要なファイルを揃えたいと思います。

公式ファームウェアの入手

Android 4.0.4 – 20120727

DL: http://115.com/file/anrbw2n0# N70双擎版-4.0-20120727-ZZ.rar

入手方法は「115.comからダウンロードできない場合の対処法」を見て下さい。

n70-fw

カスタムファーム(カスタムROM)の入手

feriross様のカスタムファームを入手します。

ファイル名は、「n70dualcore_feriross_mod(0801)_data2G.zip」です。

公式FW 20120727版に対応

ソース: http://ameblo.jp/feriross/entry-11316944912.html

DL: http://www.mediafire.com/?72kcnwp677j6rcn

更新ツール「RK3066工具(RKBatchTool.exe)」の入手

更新ツールである「RK3066工具(RKBatchTool.exe)」を入手します。

原道の公式サイトからもダウンロードする場合は

入手方法は「115.comからダウンロードできない場合の対処法」を見て下さい。

ミラーサイトからもダウンロード可能です。

ミラーサイト:http://www.mediafire.com/?67zz2bf8f250ac3

更新ツール「RK3066工具(RKBatchTool.exe)」の解凍と準備

「RK3066工具.zip」を解凍します。

この時、ミラーサイトからダウンロードしたものと公式サイトからダウロードした時のファイル数が違いましたが

使用するフォルダは1つだけですので問題はないと思います。

今回は、公式サイトからダウンロードしたものでの対応を記録します。

  • フォルダ「RK3066文字化け」内にある「RKBatchTool.exe」を使用します。
  • フォルダ「RK3066文字化け」の名前を「RKBatchTool」等に変更しておくとトラブルが少ないそうです。

アップデートの準備完了

原道 N70双撃の更新準備が完了しました。

次回は、実際にファームウェアの更新を行なってみます。

原道 N70双撃の記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Vido W10 Elite – Surface 3 クローンがセール中、スペック・価格

 Surface 3と同じような背面キックスタンドを持ち高いスペックを

原道、12.2型Vido W12 Pro版(Core M3)と無印版(Atom Z8700)発表

 中国メーカー原道は現地時間5月19日、12.2インチのWindows

僅か207g?約1.3万円でHDMI/Z8300、8型『Vido W8X』は11月発売予定―スペック表

 僅か207gと超軽量な8インチのWindows 10搭載タブレットが

中華パッドがWindows 10に対応、原道(Vido)がアップグレード用ファームウェア公開

 原道(VIDO)は現地時間7月30日、同社が提供する全ての32bit

デュアルOS/Retina解像度9.7型『原道 Vido M9i』発表/一部スペックと価格

 Windows 8.1 と Android を搭載したデュアルOSに

Core M/RAM4GB/SSD128GB、11.6型『原道 Vido W11X』の画像リーク/一部スペック

 『原道(Vido) W11X』とされる実機とレンダリング画像がリーク

遂にデュアルOS!『原道 Vido W7』がリーク、WindowsとAndroidを自由に切替可能

 ASUSが叶えられなかった夢を原道 Vidoが実現するのでしょうか、

筆圧感知/3G内蔵の『原道 W8S(Vido W8S)』発売―VivoTab Note 8とスペック比較、価格

 ついに『原道 W8S(Vido W8S)』が発売されました。これまで

原道 W8S(Vido W8S)は筆圧感知1024段階!ペン入力レビューが公開される

 8月から追いかけてきた8インチWindowsタブレット『原道 W8S

『原道 Vido W8S』の手書きペンは電磁誘導方式(VivoTab Note 8同等)か、専用キーボードやスペックほか

 手書き入力が強みの8型Windowsタブレット『原道 Vido W8

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑