『Surface Pro 4』をiFixitが分解、バッテリー容量は”Pro 3”より減少

公開日: : Microsoft Surface

 iFixitが『Surface Pro 4』の分解レポートを公開しました。Surface Pro 3に比べてバッテリー容量が減少するなどパーツが判明しています。

surfacepro4-teardown-20151027

『Surface Pro 4』分解、バッテリー容量などが判明

 先日、日本マイクロソフトが11月12日より発売することを発表した『Surface Pro 4』のパーツ詳細がiFixitにより明らかにされました。

surfacepro4-teardown-20151027.2

 今回分解されたのはIntel Core m3搭載モデルで、プロセッサはIntel SR2EN Core m3-6Y30(900MHz~最大2.2GHz デュアルコア/TDP 3.8~7W)が採用されていたとしています。

 RAMとROMはSamsung製が採用されているようです。

 また、バッテリーについて公式スペックでは”ビデオ再生で最大9時間”とされていましたが、分解により5,087mAhであることが判明しました。Surafce Pro 3は5,547mAhであることから僅かながら減少しています。

 修理の難易度は10段階の内スコア2と難易度が高いという評価をしています。

 関連記事
 Microsoftが『Surface Pro 4』のスペック・価格を公開、Pro 3と比較―購入意欲アンケート

 前回の分解
 iFixit、『Nexus 5X』の分解レポートを公開―Qualcomm Quick Charge 2.0対応

Source:iFixit

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑