13.3型 YEPO 737S 製品レビュー、開封編/128GBモデルも1.9万円に

 2万円以下の価格ながらRAM4GBを搭載した13.3インチの『YEPO 737S』をGEARBESTさんより提供いただきました。前回の特徴やスペック確認に続き開封レビューを行いたいと思います。

YEPO_737S_Reviews_IMG_8284

スポンサーリンク

YEPO 737S 製品レビュー、開封編

 GEARBESTで『YEPO 737S』はRAM4GB+64GBの『YEPO 737S Notebook』とRAM4GB+128GBの「YEPO 737S Laptop」の2つがありますが、今回レビューしているのは『YEPO 737S Notebook』です。

 スペックや製品画像などは前回の記事へ
 →1.9万円の13.3型ノートPC『YEPO 737S Notebook』製品レビュー、スペック・特徴チェック編

化粧箱をチェック

YEPO_737S_Reviews_IMG_8206

 『YEPO 737S』の化粧箱は日本で販売されているノートパソコンと変わらない感じでした。

YEPO_737S_Reviews_IMG_8208

 側面には簡単なスペック情報がシールで貼られていました。

YEPO_737S_Reviews_IMG_8211

 蓋をあけるとエアーパッキンに包まれた『YEPO 737S』本体が見えます。

同梱品チェック

YEPO_737S_Reviews_IMG_8212

 下段には紙類。

YEPO_737S_Reviews_IMG_8218

 ACアダプタもありました。

YEPO_737S_Reviews_IMG_8221

 同梱品はACアダプターと簡易マニュアルの2つ。

YEPO 737S本体をチェック

YEPO_737S_Reviews_IMG_8226

 エアーパッキンで360度 保護されている『YEPO 737S』を取り出します。

天面を見る

YEPO_737S_Reviews_IMG_8227

 天面はプラスチックだと思われますが近くで見ても質感が良くて感心します。キズがつかないよう透明の保護シートが貼られていました。

YEPO_737S_Reviews_IMG_8228

 iPhone 5を置いたサイズ感、13.3インチということで大きいですね。

底面を見る

YEPO_737S_Reviews_IMG_8231

 底面にはヒンヤリしていて金属製(アルミ?)、放熱効果が期待できます。

YEPO_737S_Reviews_IMG_8235

 底面の四隅にはゴム足が配置、夏場の放熱が期待できそうです。

YEPO_737S_Reviews_IMG_8253

 手前にはディスプレイ部を開きやすいような加工がありました。

背面を見る

YEPO_737S_Reviews_IMG_8237

 背面にはインターフェイスが設けられていませんでした。上図のように僅かな隙間があり空気穴と思われる加工が確認できました。

YEPO_737S_Reviews_IMG_8247

 背面はインターフェイスを排除しただけでなく、フルフラットになっていて、、、。

YEPO_737S_Reviews_IMG_8252

 自立できるほど、背の高いブックスタンドに縦置きできそうです。

YEPO_737S_Reviews_IMG_8249

 少し雑においても自立する『YEPO 737S』。

側面を見る

YEPO_737S_Reviews_IMG_8244

 左側面には上図左からDCジャック、フルサイズUSB、イヤホンジャックがありました。

YEPO_737S_Reviews_IMG_8246

 右側面には上図左からフルサイズSDカード、フルサイズUSB、Mini HDMIポートがあります。

YEPO 737Sのディスプレイとキーボードを見る

YEPO_737S_Reviews_IMG_8257

 ここからは『YEPO 737S』の内側を見ていきます。

YEPO_737S_Reviews_IMG_8275

 パームレフトはプラスチックですが天面と同じくサラサラして手触り良好、見た目も悪くありません。

YEPO_737S_Reviews_IMG_8262

 実際のカメラが前回の製品画像チェック記事と比べ大きめですね。ディスプレイ面には保護シートが貼られていました。

YEPO_737S_Reviews_IMG_8278

 保護シートを外すとディスプレイはアンチグレアとなっていました。上図では左側の保護シートがある箇所でキーボードが映り込んでいるのに対して、保護シートを剥がした右半分は映り込みがありません。

YEPO_737S_Reviews_IMG_8265

 最大角度まで広げてみました。フラットにはなりませんが通常利用の範囲までは問題なく広げられそうです。

タッチパッドを見る

YEPO_737S_Reviews_IMG_8268

 タッチパッドは大きめ、サラサラした素材で手前のボタンがあるであろう位置を押すとカチッっと音が鳴りました。

キーボードを見る

YEPO_737S_Reviews_IMG_8261

 キーボード面には大きめのタッチパッド、13.3インチということでキーも大きめです。

 Homeキーなどは上図右下の矢印キー+Fnキーで動作するようになっていました。メニューキーなどもなくシンプルなタイプと言えそうです。

YEPO_737S_Reviews_IMG_8266

 Enterキーは小さめ、日本仕様ではないのでソフト上で日本語変換を対応することになります。

YEPO_737S_Reviews_IMG_8267

 電源ボタンは右上に配置されています。

ACアダプタを接続する

YEPO_737S_Reviews_IMG_8279

 上図のようにDCジャックへ差し込みます。

YEPO_737S_Reviews_IMG_8281

 ACアダプターは短めなので、延長コードがひつようになるかもしれません。

開封した感想

YEPO_737S_Reviews_IMG_8286

 『YEPO 737S』は13.3インチなのでディスプレイ、キーボード、タッチパッドいずれも広くて作業しやすい大きさだと思いました。

 実際に電源ボタンを押した起動を体験したところ、ピッといった音もなく立ち上がるので起動しているのかわからない点がありました。

ディスプレイについて

 GEARBESTの販売ページで見ると 『YEPO 737S』(64GBモデル)のスクリーンタイプは「IPS」、128GBモデルは「TN」仕様となっていました。ここの違いは大きくストレージ容量が2倍も違うのに1,000円程度の価格差である理由かもしれません。

 また、ディスプレイはタッチ操作ができないことも事前に知っておくと購入後のトラブルにならないと思います。

質感や軽さ、薄さに優れる

 手持ちのLenovo ideapad Yoga 13も同じ13.3インチですが、スペック内容が全く異なることを考慮しても薄さや軽さ、質感で『YEPO 737S』が勝っており、2万円以下のノートパソコンとしては優秀だと思いました。

 軽さと薄さはアルミを底面のコア部分だけにして、全体をプラスチックにしたことが理由だと思われます。また、そのプラスチックの質感を高めた事が安っぽさを排除できたのではないかと、いずれにしても最近の中国メーカー製タブレットと同じく質感は向上しています。

価格

 先ほどと前回の記事で2モデルの価格差は約1,000円と書きましたが、記事公開前に確認したところ128GBモデルが値下げされ64GBモデルとの価格差は100円ほどになっていました。恐らくブラックフライデー関連セールの影響でしょう。(※セールなどで価格は変動します。)

 前回の話
 1.9万円の13.3型ノートPC『YEPO 737S Notebook』製品レビュー、スペック・特徴チェック編

 最新のYEPO 737S記事一覧

 GEARBESTでは中国シングルデーの継続セールと米国の感謝祭&ブラックフライデー関連セールが開催されています。詳しくは次のリンクより確認できます。

 最新のGEARBEST記事一覧

その他・中華タブレットの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最軽量フラッグシップ『Meizu 16th』に早くもクーポン #Geekbuying セール

中国メーカーMeizuが8月8日に発表したばかりの最薄・最軽量を謳うフ

Meizu 16th / 16th Plus発表、世界最薄最軽量フラッグシップの価格・スペック・発売日

中国メーカーMeizu(魅族)は現地時間8月8日、北京で開催した新製品

GPD Pocketライバル『One Mix』や最新タブレットにクーポン、Banggood お中元セールも開催中

CHUWIのデュアルSIMにSHARP製パネルの2Kディスプレイを搭載

メモリ8GB+128GB搭載で3万円台など、最新ノートパソコンなど7機種にクーポン #Banggood

中国メーカーでコストパフォーマンスに優れた人気のノートパソコン7機種を

メモリ8GBのBeelink Gemini X55が3万円以下に、ミニPC特集セール開催中 #Geekbuying

小型PCまたはミニPCとも呼ばれるコンパクトなデスクトップPCの特集セ

最新スマートフォンも対象、Xiaomi製10モデルに割引クーポン #Banggood

数日前に128GB版のXiaomi Mi 8 SEが発表されたばかりで

世界初IP68の防水ノートパソコン『Raytheon UNCIA』発表

上海にて8月3日より開催中のエンターテインメントの祭典China Jo

10.5インチ対決「Galaxy Tab S4 vs ALLDOCUBE X」でスペック比較

Samsungが8月1日に発表した最新Androidタブレット「Gal

冷却システム搭載ゲーミングスマホ『Xiaomi Black Shark』とピュアOS『Xiaomi Mi A1』などにクーポン #Geekbuying

中国Xiaomiが出資しているBlack Shark社のSnapdra

理想と現実のLenovo Z5や世界初SD710搭載スマホ『Xiaomi Mi 8 SE』も対象、Banggoodより11機種クーポン

シャオミ未発表のスマートフォンをフライング掲載したショップとして話題に

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑