Google、Androidでアプリ間のドラッグアンドドロップに関する特許

公開日: : Android

Googleがモバイル端末向けAndroid OSにおいてドラッグアンドドロップが新たにアプリ間をダイレクトに移動できるようになる技術を開発していることが米国特許商標庁(USPTO)によって公開されました。

Patent-image

Androidでアプリ間のドラッグアンドドロップに関する特許

現在Android OSではドラッグアンドドロップを行うことはできますが、ウェブサイトに記載されたレストランの住所をマップに、電話番号を通話アプリにといったアプリ間のダイレクトな移動には対応していません。

USPTO特許情報によるとタッチ操作でドラッグアンドドロップを実現するためにオーバーレイウィンドウを表示するというインターフェイスが想定されており、ユーザーが何かをドラッグするとOS側がタイプに基づいてドラッグ先アプリを選択できるよう表示してくれるようです。

同様のことはコピーアンドペーストにより実現できますが、ワンタップで実現できるとなればAndroid OSの生産性が大幅に向上します。

また、新しいドラッグアンドドロップはテキストだけでなく、画像やファイルなどに対して機能するため、ギャラリーの画像を編集アプリやSNSにといったことをダイレクトに行うことができるようになるようです。

ドラッグアンドドロップの実現にはOSのアップデートが必要なだけでなく、アプリ開発者にも新機能への対応が求められる可能性があります。そのため同機能が当たり前のものになるまで時間がかかると思われます。

Source:WinFuturePhoneArena

よく一緒に閲覧される記事

Googleが『Android10』(Android Q)をリリース、10個の目玉機能

米Googleは現地時間9月3日、これまでAndroid Qとして

Android端末をroot化する7つのメリット、デメリット

Fire HD 8 タブレット(2018)モデルでroot化できる

次期Android Qで進むPC化、マルチディスプレイを「デスクトップモード」で実装へ

Googleは次期モバイルOS「Android Q」において新たに

→もっと見る

PAGE TOP ↑