iPad mini 5が分解され、RAMやバッテリー容量が判明

公開日: : Apple , ,

 この記事にはアフィリエイト広告・広告が含まれています。

iPad mini 5がiFixitの手により早くも分解され、RAMやバッテリー容量など内部パーツから新たな情報が伝えられている。

iFixit-iPadmini5-teardown

iPad mini 5が分解される

iPad mini 4と本体サイズが全く同じながらボタンや背面カメラの位置が異なっており、多くの旧モデル向け保護ケースが使えないことが判明したが、今回の分解による新情報で落胆することはなかった。

iFixitによればiPad mini 5の64GBモデルのRAMは3GBを搭載、これはベンチマークスコアの結果から伝えられていた情報だが物理的なパーツとして目視で確認できたという違いがある。

大きなアップグレードとして歓迎されていた前面カメラは公表されている仕様通り700万画素であった。それは知っているがiFixitは新しい情報として同カメラが10.5インチiPad Proと同じパーツだったと報告している。これは嬉しい。

バッテリー容量はiPad mini 4と全く同じ19.32Wh、しかし、コネクタが変更されていて流用することはできないとしている。

iPad Proシリーズのようなメジャーアップデートではないにしてもカメラが同じというのは嬉しい情報だ。

iFixitが採点している修理難易度は最も簡単とするスコアが「10」、そして今回のiPad mini 5は「2」というスコア、どうやら”修理困難”な製品のようだ。

Source:iFixit

よく一緒に閲覧される記事

iPhoneだけで執筆を、携帯スタンドの話

iPad miniのMac化を考えていたが、物書堂の辞書アプ

iPadOS17.5ベータ版から次期iPad(4モデル)、見つかる。

密やかなプレスリリース告知とも伝えられる次期iPadシリーズ

(本日4/11まで)AppleがiPhone下取り価格アップ、実際の下取り額を確認した話。

アップルが公式直販サイトにおいてiPhone購入時の下取り価

→もっと見る

PAGE TOP ↑