ゆうちょPayが5/8提供開始、先着100万人に現金500円プレゼント

公開日: : ニュース ,

ゆうちょ銀行は4月22日、モバイル端末向けのQRコード決済サービス「ゆうちょ Pay」を5月8日から提供開始すると発表した。それに伴い先着100万人に対して現金を配布するキャンペーンを実施する。

jp-bank-20190423

ゆうちょPayが5/8提供開始

ゆうちょ銀行の口座を持っていることが利用条件となる「ゆうちょPay」はスマートフォンを使ったQRコード決済サービス、提供元の決済システム会社などの詳細は2019年2月の発表記事から変化はないようだ。

対応するショップについて、当初はヤマダ電機やウエルシア薬局など17社で導入され、2019年度上期には松屋、ミニストップ、東急ハンズなど22社が導入を予定。さらに同年度下期には、コンビニチェーンのポプラなど4社が導入を計画しているほか、ビックカメラやコジマも導入を検討している。

ゆうちょPayデビューキャンペーン

サービス開始に伴って5月8日から9月30日までの期間中に専用アプリを新規ダウンロードし、口座登録まで設定を完了した先着100万人に対して、現金500円をプレゼントするキャンペーンが発表された。

ユーザーは自ら応募することなく作業を完了すると自動的にエントリーされる。

もう1つのキャンペーンは、公式Twitterに関する作業が必要で5月8日から翌年3月31日までの期間中に対象ツイートをリツイートした人の中から抽選で毎月2000人にデジタルギフトをプレゼントするとしている。
このギフト券は「有名なアイスクリーム店や有名コーヒー店等で使える」とのこと。

前回の話
「ゆうちょPay」は2019年5月に提供開始、うれしい4つの機能とは

Source:ニュースリリース / ゆうちょPay

よく一緒に閲覧される記事

Xiaomiが再び日本を揶揄、今回は原爆CM

Xiaomiと言えば 2017年に日本語専攻の学生を退出させたとし

米国でゴールドジムとJクルーが倒産、コロナ影響により

日本でもなじみのあるゴールドジムについて、海外メディアは新型コロナ

あつ森に「メトロポリタン美術館」参戦、ゴッホなど40万点が使い放題に

世界最大級として知られているニューヨークのメトロポリタン美術がNi

→もっと見る

PAGE TOP ↑