「ゆうちょPay」提供開始、先着100名に現金500円プレゼントやデジタルギフトなどキャンペーン中

公開日: : ニュース ,

ゆうちょ銀行は5月8日、モバイル端末向けのQRコード決済サービス「ゆうちょ Pay」を提供開始した。予告していた先着100万名への現金配布など2つのキャンペーンも実施している。

yuutyo

「ゆうちょPay」提供開始

「ゆうちょPay」はスマートフォンを使ったQRコード決済サービス、ゆうちょ銀行口座の所有が利用条件となっている。

対応するショップについて、当初はヤマダ電機やウエルシア薬局など17社で導入され、2019年度上期には松屋、ミニストップ、東急ハンズなど22社が導入を予定。さらに同年度下期には、コンビニチェーンのポプラなど4社が導入を計画しているほか、ビックカメラやコジマも導入を検討している。

ゆうちょPayキャンペーン

サービス開始にあわせて2つのキャンペーンを展開しており、1つはTwitterでゆうちょPay公式アカウントをフォローして、対象のツイートをリツイートすると、その場でデジタルギフトが当たるというキャンペーン。
有名アイスクリーム店や有名コーヒー店等のデジタルギフトが毎月2000名にプレゼントされる。

もう1つは5月8日から9月30日までの期間中に専用アプリを新規ダウンロードし、口座登録まで設定を完了した先着100万人に対して、現金500円をプレゼントするキャンペーン。

ユーザーは自ら応募することなく作業を完了すると自動的にエントリーされる。

リンク:ゆうちょPayアプリTiwtterキャンペーン現金500円キャンペーン

よく一緒に閲覧される記事

短縮URLのシェアで広告収入『tobe』リリース

FantaG(ファンタジー)は10月8日、URL変換サービス『to

Googleストリートビューの人型アイコン「ペグマン」、実は変身していた。

Google Japanは10月21日、公式Twitterアカウン

ローソンが一日限定でスイーツ全品半額、売上一部を被災地に寄付

ローソンは10月17日、ゴディバなどとのコラボで人気商品も並ぶロー

→もっと見る

PAGE TOP ↑