次期iPhoneはデザインそのまま、背面カメラの数で勝負か

公開日: : Apple

iPhone-leaks-20191029

2020年9月にリリースが予想されている次期iPhoneについて、筐体のデザインは変わらず、背面カメラの数が異なる可能性をMacお宝鑑定団Blogが伝えている。

次期iPhoneは背面カメラの数で勝負か

Macお宝鑑定団BlogはAlibaba Sourcesから入手した話として、2020年モデルiPhoneの6.5インチ版モックアップの3Dプリントを比べると厚みが7.40mm前後になるがディスプレイのベゼル幅は2mmとデザインが共通している可能性が高いと伝えた。

ディスプレイについては複数のアナリストが予想している有機ELに全て切り替わる可能性があり、TrueDepthカメラも継続するとのこと。

筐体の長辺については次のように伝えている。

  • 5.4インチ:iPhone SE と iPhone 8の中間
  • 6.1インチ:iPhone 11 と iPhone 11 Proの中間
  • 6.7インチ:iPhone 11 Pro Maxよりも僅かに長い

そして背面カメラについては次のようになる可能性を伝えた。

  • 5.4インチ:デュアルカメラ
  • 6.1インチ:デュアルカメラ
  • 6.7インチ:トリプルカメラ(iPhone 11 Pro Maxよりセンサーサイズが大きくなる)

また、6.1インチがトリプルカメラになる可能性は仕様を確認できていないとした。

前回⇒iPhone 12は4モデル展開か、最大RAM6GB搭載とも

リンク:Macお宝鑑定団Blog

よく一緒に閲覧される記事

Apple Watch 6に旧モデル向け充電器は危険だった話。

ソロループによって腕時計をしている感覚がなくなったおかげで装着したまま

Apple Watch Series 6はバッテリー増量、分解で判明

電子デバイスの修理や関連グッズの販売を行なっているiFixitが、

Apple Watch Series6購入レビュー、GPSモデルの理由とソロループと感想

先日オーダーしたApple Watch Series 6が到着した

→もっと見る

PAGE TOP ↑