E-Ink/ワコムな13.3型『BOOX Max3』発売、サブモニター機能などスペック・価格

公開日: : その他・中華タブレット

BOOX-Max3

FOXは2月3日、E-Inkディスプレイとワコム製スタイラスペンを搭載した13.3インチのAndroidタブレット『BOOX Max3』の取り扱いを発表、同日付で販売を開始した。

『BOOX Max3』のスペック・価格

同社の製品ページを飾る売り文句には「従来の電子ペーパータブレットの概念を打ち破る高性能端末」という言葉が躍る。その意味としてAndroid 9.0の採用が挙げられていた。

たしかにE-Ink搭載のAndroidタブレットは古いOSバージョンばかりで大きな違いと言えそうだ。その恩恵として『BOOX Max3』はGoogle Playから様々なアプリをインストールできる。

また、手書き入力の環境も良いとしており、筆圧レベル4096段階のワコム製専用スタイラスペンが付属し、13.3インチ(解像度2200×1650)の大画面ながらボディ厚みは6.8mm、重量490gと軽量であることを伝えている。

バッテリー容量は4300mAhと13.3インチとしては小さめだが、省電力なE-Inkのためスタンバイモードで最大4週間も持続できるとのこと。

画面分割やサブディスプレイ機能

『BOOX Max3』の購入を大きく後押しするであろう機能がPCのセカンドディスプレイとして使用できる「画面ミラーリング機能」だろう。
その接続方法は、PCのHDMI端子とMax3のMicro HDMI端子をケーブルで接続する有線接続とWi-Fiを利用した無線接続で画面ミラーリングに対応している。

他には標準で強力なPDF機能を搭載、様々な文書フォーマット(PDF、DJVU、EPUB、MOBI、TXT、DOC、CBZ、CBR、FB2、CHM)をサポートし、読むことに加えワコムペンで書き加えられるほか、ディスプレイ分割機能により2つのドキュメントを配置して、片面で読み、片面で記録するといったことができるとしている。

<基本スペック>
・ディスプレイ:2200×1650(207ppi)
・表示:16色グレースケール
・ストレージ:64GB
・RAM:4GB
・無線:Wi-Fi(2.4GHz + 5GHz)/Bluetooth 4.1
・バッテリー:Li-Ion 4300 mAh
・電池持続時間:最大4週間(スタンバイモード)
・スピーカー:デュアルスピーカー
・マイク:デュアルマイク
・指紋認識機能あり

<付属品>
・USB Type C充電ケーブル
・HDMI ケーブル
・ワコム製専用スタイラスペン(静電容量式タッチ+電磁ペンタッチ)

価格・カラーバリエーション・発売日・出荷時期

『BOOX Max3』のカラーバリエーションはホワイトの1色展開、価格は税別89800円、別売りの専用ケースが税別4800円となっている。

販売開始は2月3日だが、出荷予定は2月中旬ごろとしており、実質的な発売日は2月中旬ということになりそうだ。販売はFOX阪急メンズ東京またはFOXオンラインストアとなっている。

なお、アマゾンでは既にSKTSELECTが販売を開始、3件のレビューを確認できた。

前回のE-INK⇒ONYXがE-ink仕様のスマートフォン開発中 #CES2020

前回のBOOXレビュー⇒E-ink『BOOX Nova Pro』にGoogle Playをインストール、Kindleアプリで電子書籍は読めるか

Source:FOX

よく一緒に閲覧される記事

3キャリア対応/RAM4GB/6.49型スマホが12720円に、アマゾン特選1日セール

アマゾンジャパンが毎日開催しているタイムセールにおいてメモリ4GB

世界最小スマホ再び、まもなくRAM6GB「Jelly 2」登場・価格・スペック

2017年にUnihertzが2.45インチという世界最小のLTEスマ

8型UMPC「Reevo」登場、最大2TB SSDや筆圧ペンなどスペック・価格

エッジニティ(大阪)は、クラウドファンディングのCamp fire

→もっと見る

PAGE TOP ↑