フルサイズUSB搭載デュアルOS版10.1型『PIPO W3F』発表/スペックと価格

公開日: : PIPO , ,

 既に販売中の10.1型『PIPO W3F』にWindows 8.1 と Android のデュアルシステムに対応した新モデルが新たに発表されました。スペックと価格を記録します。

PIPO-W3F-00

デュアルOS対応10.1型『PIPO W3F』のスペックと価格

 『PIPO W3F』の基本スペックはAmazon.comなどで販売されている現行モデルと変わらないようです。デュアルシステム版『PIPO W3F』は他の中国メーカー製デュアルOSタブレットと同じような高速OS切り替えに対応しているとのこと。

 先日購入した『CHUWI Vi8 DualOS』と同じようなワンタップ切り替え方式と思われます。

『PIPO W3F』のスペック

 画面サイズ10.1インチ(解像度1920x1200)IPS液晶、CPUにIntel Atom Z3735Fクアッドコアプロセッサ、RAM 2GB、内部ストレージ32GB eMMC+SDカードスロット(サイズ不明)。

 通信はWi-Fi 11b/g/n、Bluetooth対応、GPSは非搭載。モバイル通信は3G WCDMAネットワークに対応、「Huawei E1220s-2 UltraStick」利用可能。

 タブレット単体における本体サイズは257 x 172 x 10.3 mmで重量は570g。

充実したインターフェイス

PIPO-W3F-05

 インターフェイスはフルサイズUSB3.0x1基、MicroUSBx1基、miniHDMIx1基、イヤホンジャック、電源ポート、スピーカーx2基。

PIPO-W3F-06

 カメラは前面200万画素/背面500万画素。

バッテリー駆動時間

PIPO-W3F-07

 バッテリー容量は8,000mAh(別の公式ページでは7,800mAhという記載あり)で駆動時間は8~12時間、スタンバイ状態では21日間持続するとしています。

『PIPO W3F』の価格

 『PIPO W3F』のキーボードは別途オプションで約1.94万円(999元)から販売されるほか、現行モデルのユーザーはデュアルシステム用ファームウェアがダウンロードできるといった案内もありました。

PIPO-W3F-03

PIPO-W3F-04

Source:weiboiMP3

よく一緒に閲覧される記事

1024段階ペン対応ミニPC『New PiPO X10』と『PiPO X11』発表、デュアルブートなどスペック

中国メーカーPiPOは香港で開催されたイベントにおいて、筆圧感知102

PiPO KB2発表、折り畳みキーボード型ミニPC―日本で発売予定・スペック

 中国メーカーPiPOから折り畳み式キーボードのスタイルをしたミニPC

7.85型+Rockchip RK3288WなWindows 10 Mobile版タブレット『PIPO U8T』発表―スペック

 中国メーカーPIPOがCES 2016においてRockchip製So

→もっと見る

PAGE TOP ↑