英Canonical、タブレット向けOS「Ubuntu」を発表 / 「Nexus 7」と「Nexus 10」で利用可能に

公開日: : Ubuntu

OS「Ubuntu」開発元の英Canonicalは19日(現地時間)に

タブレット向けOSとしての「Ubuntu」を発表しました。

タブレット向け「Ubuntu」は、Nexus 7 / Nexus 10 で利用が可能になるとのこと。

Nexus10-Ubuntu

タブレット向けOS「Ubuntu」とは

タブレット向け「Ubuntu」は6〜20インチのタブレットに対応しており

解像度は、100ppi〜450ppiまでサポートするなど拡張性が高いのが特徴です。

Canonicalは、スマートフォンやタブレット、PCからテレビといった

あらゆるデバイス、インターフェースの統合を目指しているということです。

Nexus10-Ubuntu-01

「Ubuntu」の特徴

  • マルチタスキング(アプリの同時実行が可能になる)
  • マルチユーザー機能(個人データを完全に暗号化する)
  • 多彩なスワイプ機能(ハードボタンが不要になる)

動画もあります。

現在、市場を席巻している iOS / Android というOSに対抗できるかが注目ですが

Flash サポートを行うといった他OSにはない機能や

既存のハードデバイス(Nexus 7 / Nexus 10)を流用できる点など

非常にダークホース感が漂っていて期待してしまいます。

Google の Android がオープンソースであることを利用したアマゾンも驚きましたが

同じLinux ベースである Ubuntu が仕掛ける新しいAndroid利用法は興味深く

今後の Ubuntu (Linux全体?)の展開に注目したいと思います。

Source : cnet.com / Ubuntu.com

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑