「Pixel 6」投げ売りは9月末か、過去セールを振り返る

公開日: : 最終更新日:2022/09/14 Google Nexus

Google創業記念セールで「Pixel 6 Pro」が定価から31,620円の値下げとなっている。

2022年10月には「Pixel 7」「Pixel 7 Pro」が発表されて「Pixel 6」の投げ売りが開始されるのは間違いないだろう。

Pixeスマートフォンの過去記事を振り返り「いつ、何を買うか」を考えたい。

「Pixel 6」投げ売りを待つ

ここ数年のPixelスマートフォンは9月もしくは10月に発売されてきた。

その詳しい発売タイミングは先日の記事「Pixel7 / Pixel7Proの筐体と発売日、リークまとめ」に譲るとして、新製品発売に合わせて恒例となっている投げ売りをみていきたい。

2019年9月のセール価格、値下げ状況。

2019年9月27日には「Googleストア、Pixel 3 /3 XLを過去最安45,850円OFFセール開催中」が実施されている。

上記の記事から値下げ価格を抜粋すると以下のような状態となっていた。

  • Google Pixel 3 64 GB モデルが 33,250 円引き
  • Google Pixel 3 128 GB モデルが37,450 円引き
  • Google Pixel 3 XL 64 GB モデルが41,650 円割引
  • Google Pixel 3 XL 128GB モデルが 45,850 円割引

上記セールに「創立記念」や「父の日」といったイベント名はなくシンプルに値下げセールが実施されているため、早ければ今月末にも投げ売りセールが始まるかもしれない。

2020年10月のセール価格、値下げ状況。

次に、その翌年となる2020年10月にはPixel 4 XLが通常価格116600円のところ87,450円にまで値下げをするセール(当時の記事へ)を実施している。

この割引額は29,150円だった。

それ以外のGoogle Store サマーセールなどは5000円分還元(セール記事へ)となっていたことから投げ売りの破壊力は凄まじい。

当時のセール状況からGoogle創業記念セールによる「Pixel 6 Pro」の31,620円OFFは投げ売り開始と言ってよいだろう。

これ以降はカラーが復活しにくい状況となり、好きなカラーが入手困難になることが予想される。

以上のことから、まだ値下げされていない「Pixel 6」を安く入手したい場合は2022年9月下旬〜10月のセールを待つのが良さそうだ。

もし、2022年にセールが実施されない可能性があるとしたらヨドバシ等の家電量販店や携帯ショップが実施している「Pixel 6」「Pixel 6a」の一括1円や一括2万円、回線なし3万円といったSNSで飛び交っているキャンペーンにより在庫が順調に消化されたときくらいだろう。

Pixel 6aのセールを考える。

ちなみに発売タイミングがずれているAシリーズについては「Pixel 3a」が2020年2月28日のバレンタイン特別セールで39,500円OFF(セール記事へ)となっていた。

そのため発売されて間もない「Pixel 6a」をGoogleストアで安く入手するなら少なくとも3ヶ月〜5ヶ月以上は待つ必要がありそうだ。

まとめると「Pixel 6」は9月下旬〜10月あたりに投げ売り開始となって人気の色がなくなり、それ以降は入手困難となる。そして「Pixel 6a」は2023年以降の投げ売り開始が予想される。

(追記2022/09/13)
ついに専用スタンド「Pixel Sand 2」の在庫処分が開始された。
Pixel Stand(第2世代)の在庫処分はじまる、Pixel6 / Pixel6Pro購入でプレゼント

続き→早くも「Pixel 6a」が値下げ、回線契約なしで299ドルに
続き2→Pixelスマホ購入はGoogleストアが正解か、修理対応先が明らかに

関連→Pixel 6aは買いか、特別な機能をチェック
前回→Pixel 6 Proは在庫処分か、「Google創立記念セール」値下げアイテム一覧

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑