Rakuten最強プランの2ヶ月目レビュー、再び月間100GB超えに

 この記事にはアフィリエイト広告・広告が含まれています。

2023年9月も残すところあと1日となり、忘れないうちに今月分のデータ転送量を記録しておこうとキーボードを叩いている。

先月を振り返ると月間126GBに達していた。その詳細は当時の記事に譲るとして、とても快適に使わせてもらったのを記憶している。

そして2ヶ月目となる9月のデータ転送量によって月間どれくらいデータ通信をしているのか平均に近い数値がでるはず、それも楽しみにしている。

Rakuten最強プランの2ヶ月目レビュー

はじめに9月1日から29日午後15時50分までのデータ転送量を見ていきたい。

合計125.49GBとなった。

それを29日で割ると1日当たり4.33GB、MVNOのエントリープランは月間3GBが多いので1日も持たないことになる。

これだけ使用しても請求額は税込3,281円、とても安い。

楽天モバイルは日別のデータ転送量も記録してくれているので最大となった日を探すと9月16日の7.58GB、次いで9月18日の6.64GB、9月28日の6.29GBとなった。

次に最も少ない日を見ると9月3日の3.02GB、次いで9月1日と7日の3.04GBという結果に。

こうして見てみると1日当たり少なくとも3GB、多い日で7GBも消費していることがわかった。

最も多い使用量帯は1日4GB台で、次に5GB台、あとは3GBと6GB以上という結果になっている。

通話時間は0分、ドコモ通話品質で無料通話が豊富な日本通信SIM分が余っているので今後も通話で出番はないだろう。

ーーーーそういえば、熊本と大阪から楽天SIMの電話番号宛に謎の電話が何件かあって少し怖かった。そのうちの1件は役所の電話番号であることがわかっているが全く聞き覚えのない人の名を挙げていた。

ちなみに先月と同じくスマートフォンをモデムにできるUSBテザリング機能を利用、そこからUSBテザリングに対応するトラベルルーターでMacBook等のクライアントを繋げていたが、今月はPixel 7aではなくiPhone 12 miniをモデムとして使用している。

最近のスマートフォンであればモデム機能(USBテザリングやインターネット共有機能)に違いなんてないと思っていたが大きな違いもあったので、それについては別記事でレポートする予定だ。

前回→Rakuten最強プランで月間126GB使用した感想、メイン回線として使えるか
前々回→Rakuten最強プランを20日ほど使った感想、メインで使えたか(データ転送量)

よく一緒に閲覧される記事

山奥生活で「楽天モバイル」は使えたか、スピードテストほか

限界別荘地へ移住してから1ヶ月が経過した。 移住前の調査で「田舎

小さなタフネス!ラジオ付き4.3型「Blackview N6000SE」レビュー

Blackviewから新しいスマートフォン「Blackview N60

楽天モバイル対抗の新トッピング、povo2.0「データ使い放題(7日間)12回分」は使えるか/料金比較

KDDI、沖縄セルラーは2024年4月25日、約1ヶ月あたり3

→もっと見る

PAGE TOP ↑