2019年9月格安SIMサービスの満足度調査ランキングが発表、紹介したいMVNO順位も

公開日: : その他、最新情報

MVNO-hikaku-20190928

MMD研究所は9月27日、同月に公開した利用動向調査で利用率の高い格安SIMサービス8社とY!mobile利用者を対象に「2019年9月格安SIMサービスの満足度調査」を実施した結果を公開した。

格安SIM利用率上位9サービスの総合満足度ランキング

今回の調査は前回の人気ランキング結果から絞られているため、下記の記事リンクを掲載した。

前回⇒格安SIMの人気ランキング調査結果2019年9月版が発表、データ専用SIMの上位5社など明らかに

総合満足度1位はmineo

はじめに登場するのは満足度で、総合満足度は75.5%となった。
これは「とても満足、やや満足、どちらでもない、やや不満、とても不満」の5段階で質問し、そのうち「とても満足」と「やや満足」を合わせた合計が75.5%となる。

次に総合満足度のランキング、1位は80.6%のmineo、2位は79.4%のIIJmio、3位は78.0%のOCNモバイルONEとなった。1位から3位まで、そして4位と5位いずれも約1%ずつ差がある程度だったのでmineoが突出しているというわけではないがコミュニティに注力した結果がでたという印象を受ける。

この総合満足度を構成している各項目の1位を箇条書きにする。

  • コストパフォーマンス:mineo
  • 端末ラインナップ:OCNモバイルONE
  • 端末のオトクさ:OCNモバイルONE
  • データ通信品質・安定性:UQ mobile
  • 手続き・サポート対応の良さ:UQ mobile
  • 保証サービスの充実度:イオンモバイル
  • 通話定額:Y!mobile
  • データオプション:LINEモバイル
  • サービスブランドの信頼性:IIJmio
  • 料金プランの豊富さ:イオンモバイル

紹介したいサービス・ランキング

次に格安SIMサービス利用者を対象に、利用している格安SIMサービスを家族や友人に紹介したいか10点満点で評価、NPS(ネット・プロモーター・スコア/顧客推奨度)を出した結果を掲載している。その評価基準は3つで割合は次のようになっていた。

  • 9点から10点をつけた推奨者は22.8%
  • 7点から8点をつけた中立者は51.5%
  • 0点から6点をつけた批判者は25.7%

この「紹介したいサービス・ランキング」について、MMD研究所では推奨者と中立者を足した結果で評価しており、その結果1位はmineo、次いでLINEモバイルとなった。

推奨者だけを見ると1位はLINEモバイルの32.6%、2位はUQ mobileの30.7%となっている。

調査結果の詳細は下記リンク先よりグラフ付きで確認できる。
2019年9月格安SIMサービスの満足度調査

よく一緒に閲覧される記事

Android親機のBluetoothテザリングで低速化の原因と高速化する方法

先日契約した月間900GBを毎月3300円で契約できる格安SIMカ

ほぼ無制限な格安SIM『iVideo』のスピードテスト結果レビュー、テザリング

月間900GBを月額3300円で使えるという上限があってないような

毎月3300円で月間900GBな格安SIM『iVideo』到着、開封レビュー

無制限ではないが月間900GBの高速データ通信が行えるという格安S

→もっと見る

PAGE TOP ↑