iPadのWindows化、MSが月額料金を発表

公開日: : Microsoft

Microsoftは米国時間8月2日、先月発表したMacやiPad/Android/Linuxなどのブラウザ経由で利用できる「Windows 365」のプラン・月額料金を明らかにした。

Windows 365の価格、月額料金・プランが明らかに

ブラウザ経由でWindows 10とWindows 11の機能を利用できる企業向けクラウドサービス「Windows 365」はサブスクリプションで提供される。

UbuntuやDebian、AndroidやiOS/iPad OSで動作するブラウザからWindowsにログインすると、これまで使っていたアプリやコンテンツをストリーミングできるとのこと。

2021年8月時点ではビジネス向けで次の2プラン展開となっている。

  • Businessプラン:Windows 365 Business Cloud PC(最大300人まで利用可能)
  • Enterpriseプラン:Windows 365 Enterprise Cloud PC(無制限)

上記のうちBusinessプランは365のサブスクリプション契約だけで利用できるが、EnterpriseプランはAzureなど他の契約も必要となる。

月額料金について

Windows365 intro

これら2つのプランに対する1ユーザー当たり月額料金は共通で次のように設定されている。

  • Basic=4210円
  • Standard=5570円
  • Premium=8970円

それぞれに割り当てられる仕様も異なっており、Basicであれば2 vCPUにメモリ4GB、ストレージは128GB。Premiumなら4 vCPU+RAM16GB+ROM128GB。

月額料金は共通だが、Businessプランに関してはWindows 10 Proユーザー向けの割引が用意されている。

前回の話
新OS「Windows 11」発表、Androidアプリが動くなど新機能・提供時期ほか

リンク:Windows 365

よく一緒に閲覧される記事

Microsoft、ついにWSLプレビュー版をストア配布開始(Linux)

米Microsoftは現地時間2021年10月11日、Windows

Windows 10、まもなく一部アプリを拒否開始。

Microsoftは2021年8月初旬よりWindows 10において

iPadのWindows化、MSが月額料金を発表

Microsoftは米国時間8月2日、先月発表したMacやiPad/A

→もっと見る

PAGE TOP ↑