OPPO R15 Pro発表、おサイフ/防水/3スロットで攻めるJapan第2弾のスペック

公開日: : 最終更新日:2018/08/16 OPPO

OPPO Japanが8月14日、日本向け第2弾となるSIMフリースマートフォンとして「想像を超えた、A.I.カメラフォン」を謳うハイエンド仕様の『OPPO R15 Pro』を発表しました。

OPPO-R15-PRO.01

OPPO R15 Pro発表、スペック表

日本向け第2弾となるスマートフォンは第1弾で要望の多かった「防水IPX7」と「おサイフケータイ(FeliCa)」に対応、さらにデュアルSIM+microSDカードスロットという3スロット構成にするなどユーザーのニーズを抑えた仕様になっているのが特徴です。

デザイン設計は世界的なプロダクトデザイナーのカリム・ラシッド氏と共同開発、世界一の画面占有率を誇るOPPO Find Xではランボルギーニとコラボしており勢いがありますね。

ディスプレイ・処理性能

OPPO R15 Proの画面サイズは6.28インチFHD+(1080×2280)解像度、アスペクト比は19:9でノッチ付き有機ELディスプレイとなっています。背面はガラスパネル。

CPUにQualcommの最新ミッドレンジSnapdragon 660を採用、昨日発表されたXiaomi Mi Pad 4 Plusと同じく同SoC採用デバイスの第1陣といった感じですね。

RAM6GB、ストレージ128GBを搭載し、ミドルハイに位置する仕様になっています。

カメラ性能

カメラは背面に明るい撮影に強い1600万画素と暗所に強い1200万画素のデュアルカメラ、AIによる120のシーン判断で最適な撮影が行えるとしています。

前面には2000万画素(Sony IMX476)のシングルカメラを搭載、R11sからの改善点として顔の認識ポイントが200万から296万に増加、美顔撮影も200万パターンから800万パターンに増加、自撮りにも強いスマートフォンとなっています。

防水・おサイフケータイ、その他

防水性能はIPX7準拠、おサイフケータイ(FeliCa)は発売時点でモバイルSuica、楽天Edy、iD、QUICPay、WAON、マクドナルド、nanacoに対応するとしています。

モバイル通信はnanoSIMスロット2つともVoLTEに対応するDSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)仕様で、別途microSDカード用のスロットも設けられています。そのため2つのSIMカードと1つのmicroSDカードが同時に使える仕様になっています。

本体サイズは75.2×156.5×8.0mm、バッテリー容量は3,430mAhで重量180g。充電性能は5分の充電で約2時間の通話が可能になるVOOCフラッシュチャージをサポートしています。(Superではありません。

OSはAndroid 8.1ベースのColorOS5.1、カラーバリエーションはレッドとパープルの2色展開となっています。

スペック表

OPPO-R15-PRO

 タブクル調べ
 tabkul.com
OPPO R15 Pro
OS ColorOS 5.1(Android 8.1ベース)
CPU Qualcomm Snapdragon 660 , Kryo 260 Octa-Core 2.2 GHz x 4 + 1.8GHz x 4, 64-bit
RAM 6GB
ストレージ 128GB
SDカード microSDカード最大256GB
液晶 6.28インチ有機EL
解像度 2280x1080
前面カメラ 2000万画素(Sony IMX476)
背面カメラ 1600万画素f1.7+2000万画素f1.7
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
インターフェイス USB Type-C / イヤホン / 指紋
サイズ 156.5 x 75.2 x 8.0 mm
重さ 180g
バッテリー/消費電力 3430mAh/急速充電VOOC

発売日・価格

発売日や価格などの詳細は改めて発表されます。

2018年3月には日本投入が噂されていたOPPO R15ですが、まさかPROモデルとして投入してくるとは思いませんでした。技術力の高さとAppleとは異なりますがブランディングが上手なので今後が楽しみなメーカーです。

第1弾のR11sは2018年1月末に発表したばかり、結構なハイペースで魅力ある製品を投入してきています。

追記

同時発表のR15 Neo。
OPPO R15 Neo発表、6.2型DSDVの低価格ミッドレンジで人気獲得か/日本第2弾のスペック

よく一緒に閲覧される記事

おサイフ/防水/RAM6GBと最新の格安スマホ『OPPO Reno A』は買いか、スペック・価格

OPPO JAPANが10月8日に発表した格安スマホの新基準となり

遂に前面カメラが見えなくなる。OPPOが「アンダースクリーンカメラ」発表

オッポジャパンは7月1日、中国深センで開催された「MWC上海201

ついにカメラがディスプレイの内側へ、OPPOが年内発表とも

OPPOがディスプレイの内側にカメラを内蔵、外から見えなくしたスマート

→もっと見る

PAGE TOP ↑