Y!mobile店員に格安SIMでコスパ最高の通信サービスを聞いてみた。(解約した話)

公開日: : 最終更新日:2019/08/25 ワイモバイル

IMG_6997

UQ mobieが良いのではないかという記事を書いた当日、Y!mobileを解約してきた。

解約金や手続きの流れといった話のほか、雑談ではあるがY!mobile店員と格安SIMでコスパ最高の通信会社に関する話題になったのでレポートする。

Y!mobile店員に格安SIMでコスパ最高の通信会社を聞いた話

前回の記事でY!mobileの月額料金を確認して更新月を待つよりも解約金を支払ったほうが安く済むと判断した。他の割安なプランへの変更も検討したが「上位プランしか選べない」ようになっていた。そもそも割安なプランなどなかったのだが…。

まず初めにY!mobileの解約について、費用と手続きを記録したい。

Y!mobileの解約金と手続きについて

SIMカード単体での契約だったので安く済むと思っていたが、予想よりも解約金が高くついた。

MNPをするわけではないので、当初は解約手数料9500円だけと思っていたが2年未満ということで「短期契約解除料」なるものが発生した。最終的な税込み費用は次のようになる。

契約解除料:10260円
短期契約解除料:2917円

上記の請求で契約終了にあたり合計13,177円を支払うことになった。

手続きに関しては契約解除に印鑑は不要、タブレット端末への手書き署名を求められた。SIMカードの返却は任意、解除料は最終月に加算される形になるため店舗での支払いはなかった。

解約手続きが完了した当日その場で、SIMカードは使えなくなる。しかし、日割り計算はしていないため解約月の月額費用は全額請求される。

ちなみにMNPをすると別途費用が請求される。今回はY!mobileではなくソフトバンク回線をUQ mobieにMNPするので単純な解約とした。

格安SIMでコスパ最高の通信会社とは

解約手続きをしたY!mobileショップはソフトバンク店舗でもあるため従業員は2つを兼ねているようだ。ついでにソフトバンクの回線もMNP手続きをしようかと思ったが、その前にUQ mobieを試したいので思いとどまった。

解約の時に移行先を尋ねられたので、そこでUQ mobieと答えた。

最初はY!mobile従業員としての立場から金額は変わらないことを説明されたが、前回の記事に書いたように「おしゃべりプラン」などではなくシンプルな通信プランでの契約と説明する。

そうするとY!mobileにはUQ mobileの「データ高速+音声通話プラン」ほど安いプランはないと少し、お手上げといった感じで話をしていた。

そして、IIJmioとmineoとかを契約するよりも回線がしっかりしているのでUQ mobileの「データ高速+音声通話プラン」は格安SIMとしてコストパフォーマンスが一番高いのではないかと続けた。

やはり前回の記事で感じた「これしかない」というのは2019年8月時点で間違いないのだろう。

もちろん、毎日スマホ単体でデータ通信を行いたいという人や1日に何度も電話番号へ発信するという人には最良のプランではない。月間3GBあれば十分で通話は月に1回あるかないかという人にとっては接続性に安心できる格安SIMプランとしてUQ mobileの「データ高速+音声通話プラン」が優秀という話だ。

まとめ、TryUQmobileの話

サヨナラの代償、勉強代として13,177円は安くない。しかし、再び店舗に出向いたり解約のタイミングを伺ったりするよりサクッと解約できて気持ちが軽くなった。

KDDI関係の通信と言えば、以前TryWiMAXを試したことがある。

  1. 4つの無制限モバイル通信を比較、各サービスの注意点まとめ(2019年5月版)、WiMax/Pocket WiFi/SoftBank Air/auデータMAXプラン
  2. 無制限モバイル通信の為のWiMAXルーター選び(2019年5月版)、分解から学ぶ
  3. 爆速!WiMAXホームルーター型「L01s」を自動車に、スピードテスト結果

これらの結果、ホームルータ型であれば快適に使えそうなことが分かっている。さらにUSBケーブルを別途用意することでモバイルバッテリーで動作することが判明した。

WiMAX-L01s-Review-tabkul.com_IMG_6160

爆速!WiMAXホームルーター型「L01s」を自動車に、スピードテスト結果より

TryWiMAXは回線と端末を知るという意味で便利なサービスだった。

これと同様のサービスとして「TryUQmobile」がある。

「TryUQmobile」は15日間無料でスマホセットまたはSIMカード単体で貸し出してくれる。しかし、Try UQ mobileは「データ高速プラン」で提供するとあるので通信速度は500kbpsまでとなる。それでも制限時200kbpsの実測やYouTube、プライムビデオなどが視聴できるのか試すことはできる。

ちなみにUQでは「ギガMAX月割」というUQ WiMAXとUQ mobieの同時契約者向け割引サービスがある。しかし、月300円しか安くならないのと対象の料金プランが「おしゃべりプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L」のため検討するに至らなかった。

次回はTryUQmobileのレビューまたはSoftBank解約(MNP)レポートになるだろう。

続き⇒Try UQ mobileを申し込んだ話・試せること、価格コムで7位のスマホをレンタル
前回⇒格安SIMとして『UQmobile』はアリか、最安プラン料金とサービス・MMD研究所の調査結果から考える

よく一緒に閲覧される記事

ワイモバイルも解約金・2年縛りを撤廃して新料金プラン発表、最安プランを探す

ソフトバンクは9月9日、同社のサブブランド「Y!mobile」に関

Y!mobile店員に格安SIMでコスパ最高の通信サービスを聞いてみた。(解約した話)

UQ mobieが良いのではないかという記事を書いた当日、Y!mo

スマホ一括5円など、Y!mobileが5周年記念キャンペーン開始

ワイモバイルは8月1日よりY!mobileサービス開始から5周年を

→もっと見る

PAGE TOP ↑