「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」が値引き、Googleブラックフライデー価格一覧

公開日: : 最終更新日:2022/11/20 Google Nexus , ,

Google Japanは2022年11月18日、予告していたブラックフライデーセールを開催した。

注目のPixelスマートフォンでは「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」が値引きとなったほか、Google Nestシリーズの値引きが実施された。

Googleブラックフライデー値引き価格一覧

はじめにPixelスマートフォンのキャンペーン状況を見ると、「Pixel 6」が通常価格74,800円から10,820円引きとなる特価63.980円にて販売されていた。

この価格については同じTensorチップを搭載した「Pixel 6a」の定価53,900円と比べてしまうとリフレッシュレートやRAMの違いはあれど割高に感じてしまうかもしれない。

次に「Pixel 6 Pro」が16,800円の値引き、さらにPixel / iPhoneの対象スマートフォンを下取りに出すことで最大4万円が戻ってくるという。

他には先日より実施されていたPixelスマートフォンが10%引きになるという学生割引が継続されていた。

ここからはGoogle Nestシリーズなどの値引き価格一覧を掲載する。

製品名世代定価値引き額セール価格
Google Nest Mini第2世代6,050円2,570円3,480円
Google Nest Hub第2世代11,000円5,520円5,480円
Google Nest Hub Max第1世代28,050円5,520円22,530円
Google Nest CAM
(バッテリー式)
第1世代23,900円4,920円18,980円
Google Nest CAM
(電源アダプター式)
第1世代12,300円2,320円9,980円
Google Nest Doorbell
(Battery Type)
第1世代23,900円4,920円18,980円
Chrome Cast with Google TV(4K)第1世代7,600円2,620円4,980円

 

上記のほかにセット商品として「お家を見守る安心パック」が定価51,950円から5,500円OFFとなる特価46,450円などが用意されていた。

ブラックセールの値引き状況から、Pixelスマートフォンは円安などの影響もあり、昨年と同じような投げ売りを行わない可能性が出てきた。

すでにPixel 7シリーズがドル円換算でも日本に優しい価格設定であり、Pixel 6シリーズをiPhoneのように値上げしなかっただけでも十分な配慮がされていると捉えるべきなのかもしれない。

仮にPixel 6シリーズを投げ売りすることがあるとしたら、それは在庫数が残り僅かというときになりそうだ。

追記:2022/11/18
米国GoogleストアにおけるPixel端末の値下げ状況が判明。
「Pixel 6a」が特価299ドルなど、米Googleストアのブラックフライデー値下げ状況

追記:2022/11/20
じゃんぱらが未使用品Pixel 6aを割安で販売へ
Pixel 6a未使用品が39,980円に、じゃんぱらブラックフライデー開催へ

最近のPixelセール>

最近のPixel記事

Source:Googleブラックフライデー

よく一緒に閲覧される記事

Pixel Fold(Felix)がGeekbenchに登場、スコアと一部スペック

これまでGoogle初となる折りたたみディスプレイ端末として伝えられ

Pixel 7aの本体サイズやレンダリング画像がリーク

Amazon.comで発売通知の受付が開始されている「Pixel 7

(更新)Pixel 6a未使用品が39,980円に、じゃんぱらブラックフライデー開催へ

PC・スマートフォン・デジカメなどの販売と買取を行う「じゃんぱら」が

→もっと見る

PAGE TOP ↑